--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迂闊な思いつき

2010年07月07日 02:30

■今日もやっぱりグルグル~プ
7月4日(日曜)快晴の正午過ぎ。
20100704_xp-ahci_12

 
7月3日(土曜)の晩に予定されていたXPクリーンインストAHCIドライバ放り込み作戦は、諸々の事情により作戦開始時間を過ぎても一向に開始される気配がないまま、一夜が過ぎていた。
一晩中酒をかっ喰らい午前様で帰宅したおいらは、そのまま布団の中に潜り込んで寝ていたが、夢の中で誰かに呼ばれて起こされた。屁を一発カマしてやる気を振り絞り出すと、コンビニで買い込んだリゲインと弁当を交互に胃の中に流し込んみ、遅れていた作戦をついに発動させた。というか、見た目は寝惚けてノソノソとした感じであったと思われるが、心の中はチョー焦っていた!焦りに焦っておりましたさっ!!「折角新品HDDの動作確認の遅れを取り戻したというのに!」と、そう心の中で絶叫していた。


そんなワケで、会社で部下にやってもらったWD3200AAKSの動作確認も、やっぱり自分でやらない事には安心できぬわ!と、WD3200AAKSの動作確認から始めることにした。今日もお世話になりますよと、再びasusマザボに付属していたSATA2ケーブルを引っ張り出すと、PCにWD3200AAKSを接続して"DataLifeguardDiagnostics"を起動し動作確認を行った。

1.WD3200AAKSの健康状態を確認する。
20100704_xp-ahci_02
"Device"の2がWD3200AAKSである。反転表示させてダブルクリック!

20100704_xp-ahci_03
ツールメニューを表示させたら"EXTENDED TEST"を反転表示させ、"Start"をクリック!

20100704_xp-ahci_04
20100704_xp-ahci_05
上:物凄い速さで検査が進んでいくので、実は500GBプラッター搭載かと思いきや・・・。
下:終わってみればそれなりの時間を要した。320GBプラッターで間違いなす・・・がっかり。


20100704_xp-ahci_06
"EXTENDED TEST"を無事にパス(画像赤枠内)。

20100704_xp-ahci_07
前回の新品HDD時の"VIEW TEST RESULT"をお見せ出来なかったので・・・。

20100704_xp-ahci_08
"VIEW TEST RESULT"のキャプ画像。まあこんな殺風景な感じです。
ちなみにテスト中に不良セクタ等のエラーが見つかると、テストは途中でハングする。



2.XPクリーンインストAHCIドライバを放り込む。
Seagate製のHDD3本をPCから引っこ抜き、マザボのSATA2ポートの0番ポートに挿しているSATA2ケーブルに、WD3200AAKSを繋ぎ直してから取り掛かるのさ!。
20100704_xp-ahci_09
XPインストールディスクとGA-EP45-DQ6付属のドライバーCD、それからそれから、
"SP+メーカー"というフリーツールで作成したHotfix差分インストールDVDを、各手元に用意。
あ、画像には無いがF6用のAHCIドライバを保存したFDも容易し、FDDに半突っ込みして用意。


20100704_xp-ahci_10
XPのインストールを開始し、画面下に"F6なんとか"と表示されたらF6叩いて暫く待つ。
画像の様なプロンプト画面が表示されたら"S"キーを押下げ、
更に次のプロンプト画面(画像撮影ミスで掲載ナシ)でFDDを読み込ませる。


20100704_xp-ahci_11
AHCIドライバの読込みが終わるとXPインストールが次に進むは・・・え?なぜ?

20100704_xp-ahci_12
何回やり直してもこの画面!うがーっ!!なんで~!?


時刻はそろそろMAXに気温が上がる14時過ぎ。
いくら頭を捻ってみても原因がわからず、頭とPCを休ませるために一旦、PCの電源を落とした。




■冷静に考えて気がついた
小1時間ほどの休憩を取るつもりが、母親の仕草を見て過去にワープしたり母親の買い物に付き合ってグルグル振り回されたりと結局、夜勤出社しなければい時間まであと僅かとなった遅い時間にやっとPCの前に座り直す事が出来た。
暫くPCを睨みつつ考え込む。やっぱりFDDが腐ってたかな?と考え、別のFDディスケットをケースから取り出し書込みと読込みのテストを行ってみたが、FDDに問題は見つからなかった。ならばF6を叩いた後の手順に何か間違いがあったのかと、"ラピッド・ストレージ・テクノロジー"の中にドライバ類と一緒に圧縮されていたテキストを見返してみたが、手順にも間違いは無かった。
-じゃあ、一体何なのさ!?

そう独り言を呟くと、何とはなしにAHCIドライバをコピーしていたFDの中を覘いて見た。ら、FDの中にあるはずの6個のファイル(*)が見当たらず、代わりに"INFアップデート・ユーティリティー"のインストーラーが1個だけ保存されていた。

おのれが犯人かあああああっ!!!

・・・て、おいらがコピーするファイルを間違えたんだけどね・・・。゚(゚ノ∀`。゚(゚ノ∀ヽ゚)゚。´∀ヽ゚)゚。


取敢えず、今度は間違いなくコピーを取ったことを確認すると、そろそろ出社時間のデッドラインとなったため「今日はあかん・・・いや、今日もあかん・・・」と呟き肩を落として出社の準備を整えた。そして外に出て車のエンジンをかけ様としてお口アングリまたビックリ。
-・・・車が無い・・・おれのワゴンRがあああああっ!?!?!?!?
慌てて家に飛び込み、母親に向かって「く、く、車がっ!、車がないっ!・・・おれの車が盗まれた!」と、叫んだ。しかし母親は慌てる素振りも見せずにサラッと「あんた、今朝は電車で帰ってきたんでしょ?」って、あ、そうだった。良かった、良かった・・・会社に置いてきたんだった。ほっ。

と、安心している場合じゃなかった。おいらの勤め先には"最寄り駅"と呼べる駅がひとつもないのである。一番近めの駅から本数が少なく接続タイミングも劣悪なバスが出ていたりするが、バスに乗っている時間だけで片道45分も要するため、このルートを選択した時点で遅刻が確定する。「ヤバシっ!」おいらは、タクシー→電車→タクシーという、割と金に飽かせる方法で出社を試みた。が、結果は2時間近くも遅刻するという惨敗ぶり。しくしく。会社に着くなりレストルームに飛び込み、手洗い場の水道水で顔を濡らして"いかにも一生懸命出社しました"という姿を装って専務に言い訳を試みたが、いい年こいて怒られました。しくしくしく。がっでむ。あたぃの人生終わっちゃった。



■初夏の暑さと甥っ子ハリケーン
7月5日(月曜)の蒸し暑い午後15時過ぎ。
夜勤明けの疲れから爆睡していたおいらは、いきなり飛び起きた。
おいちゃん暑くて寝てらんない!。エアコンをオンすると、暫くその涼しい風を浴びて頭と身体を冷やした。頭がスッキリと冷えたところでWD3200AAKSをマザボのポート2のSATA2ケーブルに挿し直し、システムドライブに使用していたSeagate製のHDDをポート0のSATA2ケーブルに挿してPCに設置し、念のためデータ用に繋いでいたSeagateの他の2本のHDDも設置し直した。
何をするかというと、昨日のインストミスでWD3200AAKS上に変な残骸が残ったままにならない様、"DataLifeguardiagnostics"の"WRITE ZEROS"を使ってWD3200AAKSの中の残骸を"0"で上書き消去するためである。

◎"WRITE ZEROS"で全抹消する。
20100705_32aaks-dlgdiag_02
"DataLifeguardiagnostics"を起動したらWD3200AAKSを反転表示させ、ダブルクリックする。

20100705_32aaks-dlgdiag_03
メニューの中から"WRITE ZEROS"を選択反転表示させたら、"Start"をクリックする。

20100705_32aaks-dlgdiag_04
"FULL ERASE ~"にチェックを入れて"OK"をクリックする。

20100705_32aaks-dlgdiag_05
20100705_32aaks-dlgdiag_06
上:"EXTENDED TEST"時よりか、ややまったりとした感じで上書きが始まる。
下:所要時間が1時間2分と7秒と、"EXTENDED TEST"時よりか2分ほど時間を要した。


20100705_32aaks-dlgdiag_07
メニューの"WRITE ZEROS"の横にチェックマークと"COMPLETE"の文字が表示されて完了。

これでWD3200AAKSの中には何もなくなったという事で、XPクリーンインストAHCIドライバを放り込もうと準備していたら、嫁いで出て行った上の妹が甥っ子2号と3号を従えて遊びに来た。
-こいつぁ~、ヤバいぜ!
慌ててPCの電源を落とすと、甥っ子どもがおいらの部屋に入って来ないよう階下のリビングで遊び相手になってやった。なんせ昔は1号~3号の合体技で、PCのFDDの口にせんべい突っ込まれたりアイスをすり込まれたりと、ヤツらが家に遊びに来る度においらの懐から諭吉さんが消し飛ぶ騒ぎになっていた。そんな地獄を見ないためにも自らがダムとなり、ヤツらのおいらの部屋への進入を阻止せねばならなかった。
そうして、この日も暮れていった。



■冷静に考えて気がついた Part2
妹が甥っ子どもと帰っていた23時過ぎ。
ここ数日間の作業で嫌と言うほどVK60001W2Zを眺めていて、ちょっとした違和感を感じていた。その違和感は、つい最近思いついた「良い事」を実現するに当って、なんとなくちょとした「障害」になるような悪寒を感じていた。ここで暴露すると、おいらが思いついたその「良い事」とは、VK60001W2Zの取り外し可能な3.5インチシャドーベイを切り貼りしてZM-HDR1を組み込み、ホットスワップベイ装備のスーパーVK60001W2Zへと改造する事であった。ただ改造するだけでは後の転売時に安く買い叩かれてしまう為、箱破損品等の安いVK60001W2Zをもう1台購入してオリジナル状態とホットスワップ搭載状態の、どちらにいつでも変更が可能なケースを目標としていた。

もう1台丸ごと買い揃えることで、ZM-HDR1を組み込んだ改造3.5インチシャドーベイとオリジナル状態の3.5インチシャドーベイの2機のシャドーベイを、ケースが元々備えているシャドーベイ固定用のレールをそのまま利用し、いつでも付替えが可能となる様、頭の中に図面を引いた。シャドーベイを改造した側のケースは、シャシー以外の全てを予備パーツとして保管する事により、VK60001W2Zの外装も1度だけではあるが新品パーツと付け替える事も可能になる。これならきっと、そんなに買い叩かれる事は無いはずである。こんな事を思いついたおいらは、有頂天になって格安VK60001W2Zをネットで探し、1分後には見事に見つける事が出来た。といってもネットオークションに出品されていた箱破損商品だったので、目論見通り格安でゲット出来るかどうかはわからなかったが、取敢えずポッチリ入札しておいた。


しかし、時折胸の中を過る不安とも言える様な、この違和感はなんだろうか?
目の前のVK60001W2Zを眺めながら、胸の中を過る違和感について考えてみた。
-・・・あ”っ!
フロントドアを開けると、目には9段分のメッシュ仕様の5インチ目隠しパネルが上下に並んでいるのが飛び込んでくるが、中身は上から3段分は5インチベイで、下6段分には7本の3.5インチベイ収まるようになっていた。おいらは頭の中で、5インチ目隠しパネル下6段分の中も5インチベイの高さに合わせた6段分の3.5インチシャドーベイが収まっているものと、有得ない勘違いをしていた。

画像を見る方が早いだろう。
20100705_32aaks-dlgdiag_08
20100705_32aaks-dlgdiag_09
上:斜め前方からシャドーベイまでを見たところ。黄色線で入れたラインが5インチ目隠しパネルに合ったライン。
下:内部で5インチベイ下に3.5インチベイが組み合わさる場所を正面から撮影したところ。
上下と共、赤い矢印で示した範囲は、3.5インチベイ取り付け用のレール部が収まる場所である。



おいらの言葉では判り辛いと思うが、単純に説明すると3.5インチシャドーベイの上3段を切り落とし、ステーやマウンタを切り貼りしてZM-HDR1を固定するつもりだったのが、そんな簡単な改造では済まなくなったという事である。一番最悪なのは内部の5インチベイ3段目の直下にシャドーベイ固定用のレール部があって、その厚み分が邪魔となり、5インチ目隠しパネルの位置にあわせてZM-HDR1を固定する場合、シャドーの最下段側しか設置出来そうにない事。加えてフロントファンの固定位置も下の画像から判るとおり、5インチ目隠しパネルの固定位置から微妙にズレた位置に固定するようになっている為、シャドー最下段側にZM-HDR1を組付けると上側のファンが干渉してしまうのである。「良い事」を実現しようとすれば相当な改造が必要になってくる。
-しまった。これは泣きたい。

かるく意識を喪失しそうになっていると、部下Nから自宅PCのメルアドにPDFの書類を送ったので査閲して欲しいと、携帯にメールが入った。
OutlookExpressを起動すると、メールが何件か届いた。時間を要しそうなNからのメールを後回しにして他のメールを開いて行くと、msnオークションとオークションの出品者の両方からメールが届いていた・・・。
20100705_32aaks-dlgdiag_10
20100705_32aaks-dlgdiag_12
ああ、泣きたい・・・。

誰かにイタズラ入札で妨害を図ってもらおう、なんて考えたりしつつ、すっかりこのオークションの存在を忘れていた。
7千円弱でVK60001W2Zの新品が入手出来るなんて、なんて安さだ!!・・・というか、ご丁寧にも迅速に発送して頂けちゃうようで、7月7日(水曜)には自宅で一卵性双生児的なVK60001W2Zを眺める事が出来そうである。げふんげふん。
くそデカい箱が2つも並んで、さぞかし母親の機嫌が悪くなりそうなヨカーン。ああ、もうホンット、泣きたい。
 
 
 
 
 
(*)
iaAhci.inf,iaAhci.cat,iaStor.inf,iaStor.cat,iaStor.sys,TxtSetup.oemの6個

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/102-c490045f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。