--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨の1日

2010年08月12日 17:30

■思い出届く
20100811_blog_01
ALFAROMEO155Q4のキーとキーフォルダー。
キーフォルダーにはディーラーのタグが付いている。メダリオンの裏には自分が引き継いで2人目の所有者となった証とカッコつけて、納車日の日付を刻んでおいた。
リアフォグやらフルオートエアコン等の装備がテンコ盛りだった割には、TOYOTAが世界に先駆けてセルシオに装備したドア開閉リモコンはキーに装備されていなかった。そう言えば、ドアミラーの角度調整のリモコンは装備されていたがドアミラー本体の開閉は手動で、今当たり前にある前後に倒したり開くタイプではなくグルッと斜め上に回して閉じる変わった構造だった。

 
 
8月11日(水曜)の午前7時過ぎ。
ホテルの窓を叩く物凄い雨音で目が覚めた。台風接近に伴い本日は改装工事も中断して休日とし、午前中いっぱいダラダラと寝て過ごすつもりでいた。もう眠くて眠くて。先日4人で午前2時過ぎまで呑んで騒いで遊んだのが、眠さの原因。"もうおっさんなんだよなぁ"そんな事を思いながら窓を開けて(15cmくらいは開けれるようになっている)みたら、物凄い勢いで雨が吹き込んできてアラフォーややウシロ寄りの独男は頭からバケツの水を被ったかのような水も滴る良い男状態に。
「冷てーんだよ!んにゃろおおおおっ!」
怒って窓を「バガンッ!」と閉めてタオルで頭を拭いていたら、フロントから内線が入った。

受話器を取って出てみたら速達郵便を預かってくれているとのことで、部屋まで持ってきてもらった。
差出人はウチのお袋からで、開封してみたら廃車にしたALFAROMEO155Q4のキーが入っていた。「おおぅ♪」先日、車検証入れを自宅方から持って帰ってきてから、キーも残しておいた事を思い出してお袋に頼んで送ってもらったのである。
「さすがお袋!。親父と違ってキッチリ対応が早いよな」
独り言を喋りながら頭と身体を拭きあげるとレッツノートを立ち上げて、ゲームでもしながら暇を潰そうと考えた。レッツノート"CF-S9JYEPDR"はグラフィックチップを内蔵したCPU"Core i5"を搭載しているので、重めの3Dゲーム以外ならばそこそこ遊べる筈である。



■思い出を振返る
ホテルのレストランで朝飯を済ませ、"面白そうなポータルサイトはないかいな?"ググって"777タウン.net"というサイトを発見。
20100811_blog_04
777タウン.netのHOME画面。
パチンコ・パチスロ各メーカーの昔懐かしい機種から最新の機種まで、色んな台をプレイして遊ぶ事が出来る。
足の故障でどこも雇ってくれずに寝て起きるだけの荒れた生活の中、収入を得るためにパチプロ紛いの生活を2年ほど続けた事がある。右足のリンパ節の腫れと高熱が下がって何とか起きることが出来た日は、知人の車に乗せてもらってパチンコ店に通った。週に3~4日、規則正しく開店から閉店までパチンコ店に居座り玉を弾いた。そんな生活を続けて1年程が過ぎた頃には自慢できるほどの蓄えが出来てしまったり、某プロ集団の頭と喧嘩になりかけたことも。


しかし、無料でプレイ出来る台は僅か5種類くらいしかなかった。
藤商事の爆裂連荘アレパチのアレジンとかエキサイトなんかを打ってみたかったのに、それらは有料会員にならなければプレイする事が出来なかった。残念。
20100811_blog_05藤商事のアレジンの盤面。
これ打って遊んでみたかったっす。この台に攻略法は無かったが、固有の仕様で朝一の電源投入直後の状態であれば、8台に1台くらいの割合で"天国モード"が潜在している台があって、運が良ければ朝から怒涛の大連荘を獲得出来た。
アレジンの様にシンプルで回転効率が高い=時間効率が良く、ツボにはまった時の見返りが大きい荒い連荘機が好き。ここ10年ほどはパチンコ店に足を踏み入れることすらしてなす。パチプロ紛いの生活を続けていた時は、アレジンの様に攻略方法が無く技術介入の余地も無い機種は打たなかった。せいぜい、朝一の天国モード潜在台を狙って、500円ずつ打ち込んで横にカニ移動してた程度。




■豪雨の1日
8月11日(水曜)の午前10時過ぎ。
「狙った台が空いていない場合は、とっとと帰宅すべし」パチプロ紛いの生活をしていた頃の鉄則を呟いて、A.V.Aは重そうだしSFなんざやる気が沸いてこないし・・・取敢えず部屋のTVを点けて、台風情報なんかを眺めていた。すると、台風の影響で博多湾の水位が上がってももち海浜公園だか小戸公園だかの、砂浜から少し戻った辺りのベンチにまで波が押し寄せ海水を被っている映像が流れ、山・池・沼しかない自宅周辺の風景を思い返して「激撮せねばっ!」とホザいて立ち上がった。
DSC-H50を片手に持ってフロントに下りると、ビニールの雨合羽¥3,980円也を買い込み身に纏って外に飛び出そうとしたが、ホテルの玄関ロビーのガラスに吹き付ける激しい雨粒を目にすると足を止めた。

丸裸のDSC-H50に目をやると、"この豪雨はちょっとマズいよな"と思った。
「防水ケースなんざ買ってねーし」この雨の中で丸裸のDSC-H50を振り回したら、きっと浸水昇天しまう。合羽を羽織ったまま一旦部屋に戻ってDSC-H50を置き、再びホテルのフロント前に下り立つと「自然の驚異なんざ、目に焼き付けるだけで十分さ!」そう叫びつつ暴風雨の中、ホテルの外へと飛び出した。飛び出した瞬間、どこぞのアホウがポイ捨てた空のペットボトルが「スッコーン!」とおれ様のデコを直撃したが、なんのこれしき!と雄叫びを上げて博多湾へと歩いて行った。
ビニール製の雨合羽は背中に換気用のスリットが入っておらず、ももち海浜公園に辿り着いた時には汗と雨でビッチャビチャ。おまけに幾度と無く強風を受けて合羽の上着の裾が浮き、そこに雨が吹き込んでパンツまで浸水被害にあってしまって股間もビッチャビチャ。


「くっそぉー」そう呟いて砂浜に下り、離れた所から波が押し寄せる様を眺めた。
「すげーなぁ・・・」口からそんな言葉を発したところですんごい波が押し寄せその直後、足元の砂の中から強烈な水飛沫が噴き上げた。「ふおおおおっっ!?!?」全身びしょ濡れの砂まみれざんす。
とぼとぼと臨時事務所があるビルへと戻り、警備員の「どうしたん?」という声も無視して臨時事務所の中に入ると、全裸になって身体を拭いた。Tシャツとジーンズやパンツについた砂を払い落とし、ハンガーに吊るして天井のエアコンの送風口にぶら下げて、エアコンを暖房でオンして再び汗だくになりながら乾かした。
全裸のまま椅子に腰掛けてボーっとしていると、誰かが扉をノックした。
慌てて股間の息子を隠す物を探してドタバタしてると、「ちわ~、荷物お持ちしましたー!」と言って配送業者のにーちゃんが扉を開けてこっちを見て大きな荷物を落とした。にーちゃんが落とした荷物は、おいらが自分で発送したVK60001W2Zだった。

タオルで股間を隠して配送業者のにーちゃんに眼をやると、顔を見合わせたまま数秒不気味な沈黙が流れた。
「いや、その、雨被っちゃってさ、えと、今ね、服をさ、そうだ、乾かしてるところ、なんだよ」しどろもどろにそう伝えたが、配送業者のにーちゃんは顔を引きつらせたまま「はい、あ、ハンコお願いします」と、気持ち悪いものを見たかのような顔で言ってきた。むあっ。机の引き出しからシャチハタを取り出して投げ渡して、「それ使って。着払の代金は後日請求書送ってね。それと、控えと荷物はそこに置いて帰っていいよ」と伝えると、配送業者のにーちゃんはシャチハタをぺちっと押し付けると、そそこくさと消えて行った。
"あうあう、見られちまった"ドスンと椅子に腰を下ろして両手で頭を抱え込んだりしてみたが、"ショットガンとか女に見られたわけじゃないからまだマシだったか"そう考えて、生乾きの衣服に袖を通し合羽を羽織るといつもカフェへと向かった。


この暴風雨の中、いつものカフェはいつもの様に開いていた。
エビピラフとアールグレイを頼み、ピラフを口に放り込みつつ夏姉に「おれの住んでるところって周りに海が無くてさ、さっき海浜公園に行って荒れ具合を見てきたけど、その凄さに驚いたよ」と話していると、カフェの前に小型のトラックが停車した。ドライバーが降りてきて荷台の中から小さな箱を幾つか台車に載せ、カフェに入るなり「ちわ~、荷物お持ちしましたー!」と言い、その声を聞いたおいらは椅子からズリ落ちそうになった。さっきのアヤツではないかいなっ!
コソコソと隠れるようにピラフを口に運んでいると、「どうしたと?」と夏姉が聞いてきた。う~む、ここでそんな事聞かれても、答えていいのやら・・・。

べ:実は、海を見に行って波を被っちゃって・・・。
夏:そいで?
べ:事務所に寄って、服をね、乾かしてたんだけど・・・。
夏:で、どうしたと?
べ:全裸になって乾かしてたら、あのにーちゃんに息子を見られちゃった。
夏:え?なあに?聞こえなかよ。
べ:全裸になって乾かしてたら、あのにーちゃんに息子を見られちゃった。
夏:声の小さくて、聞こえなか。
べ:だからー!
夏:うん。
べ:全裸で服を乾かしてたら!
夏:うん。
べ:アイツに息子を見られちゃったの!


夏姉は真っ赤になっておいらを睨みつけると、いつもの戦闘モードに移行した。
そんな言葉、大声で騒がないでって言うてるやろうっ!
そして大人の女性の正義の鉄槌が振り下ろされ、おいらは毎度の如くお盆で張り飛ばされた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/119-624a2bed
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。