--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタルおやぢ貸し出します! -Lending Rental Daddy-

2010年08月19日 18:18

■勘弁してくれ!ザ・天中殺
20100818_bl_01_01g

 

 
7 8月18日(水曜)の午前10時過ぎ。
夏姉だけではなく、事前に何も聞かされずにモンローにまで引き合わされて機嫌を損ねてしまったのか、ショットガンは週明けの16日(月曜)に出社してきたその時点から、ずっと機嫌が悪い。ついでに昨晩に自宅で17日付の記事を見たからなのか、今日は特に機嫌が悪い。挨拶と返事は返してくれるものの他の用件になってくると、仕事以外の用件については一切口を聞いてくれない。
"んとにもー"と思いつつも、何をそんなに怒っているのか聞いてみた。が、ノー・リプライ。
しかし午前の休憩時間には向こうから「お土産の件はウソです。これ食べてください」と、フルーツがたんまりと入っているゼリーを出してくれた。

20100818_bl_0220100818_bl_03左はパイナップル、右はマスカットのフルーツゼリー。
完熟フルーツジュース100%の中にフルーツを入れて、強引に固めたかのようなゼリー。ビックリするぐらい美味しかったっす。パイナップルゼリーをマンゴーゼリーと勘違いしたまま食ってた。勘違いするほど濃厚で甘かった。
 


"あれ?なぜだか機嫌が直ったぞ"
そう思い込んで「これ美味いねー」「なかなかセンスの良いお土産をさんきゅ!」等と声をかけてみたのだが、ずっとシカトされ捲り。ちっくしょー、一体どうしたと言うのだ?
そんなに怒っているのならついて来なくても良いのに、昼の休憩時間になって「昼飯どうする?」と問い掛けてみても相変わらず無視しやがるので"1人で何処かで食べにいくか・・・"と事務所を出ると、ショットガンはカルガモのヒナの様に後をついて来る。
「そんなに腹が立つならついて来なくても良いんだよ」と声をかけると、立ち止まって涙ぐむし!
ヾ(*`Д´*)ノウッキィ~っ!! ああ、うざいっす。

おまけにその後、天中殺か!? と叫びたくなるような事件が連発する。
まずは夏姉がいるいつものカフェへと足を踏み出した途端、小汚いガキんちょが目の前に立ちはだかって「おっとうしゃ~ん・・・うえ~ん」と泣きついてきた。
「ひゃーぁ!小汚いボクは、いったいどこの子っ!?」
焦って冷や汗垂らしつつ、「ボクは君のお父さんじゃないんだよ!」となだめながらビルの守衛室に戻って、どうしていいのかわからずにオロオロしている守衛にガキんちょを押し付け預けてトンズラこいたが、自前のポール・スミスのスーツに鼻水があああああっっ!!!。
次にいつものカフェに1歩足を踏み入れた瞬間、見覚えの無い中学生くらいの女の子から突然声をかけられた。
「こんにちは。あの、お願いがあるたい。映画を一緒に見に行きましぇん?」えっ!!!!!
なんだか ホェェェ?(・ω・*三*・ω・)ニュニュニュ? てカンジ。


おいらがまだ、純真無垢でまっちろな心を携えていた大学1年の春のこと。
ある日自宅に見知らぬ女性から電話が入って「とにかく会いましょう」と、目的も話さない不気味な見知らぬ女性のシツコイ誘いを断り切れず、名鉄レジャックの中の喫茶店で会うことに。会ってみたらばあれよあれよとゆー間にサインさせられて、80万円(!)もする英会話学習テープ10本セット(!!)なる物を買わされてしまった。颯爽と去っていく女性の後姿を眺めながら呆然としていたおいらには、毎月3万5千円×24回(手数料込)のローンと、後日に英会話のテープが1本だけ届いてガッカリ肩を落とした悲しい過去があった。
「若い女の子にモテて、良かったですね」ショットガンの嫌味の言葉を背に受けながら、2度とあんな悲しい無様な思いだけは味わいたくないと、中学生くらいの女の子からの映画のお誘いを断った。その子が怪しいという訳ではなく、ただおいらの様な中年おやぢを誘ってきた事がどうもおかしいかな?なんてな。ややこしー事が待っていそうだし未成年の女子なんかを連れて歩くと、未成年者略取でタイホされちまいそーだし。

ショットガンは離れて着いていた席から、「断るなんて勿体なか~」とまた嫌味を言ってきた。
メニューで「スパーン」と頭を叩いてやりつつそんなショットガンは放置しておいて、ランチのカルボナーラをちゅるちゅると啜っていると横に夏姉が来た。そして「見てたとー、モテモテやねぇ」と茶化してきたので、ここに来る途中で泣きついてきたガキんちょの話を聞かせてやったら、夏姉は「大変やねぇ、一体どげんした?」と笑いながら聞いてきた。少々ムスッとして「どげんしたって聞かれても、こっちが聞きたいくらいやって」と返すと、夏姉は更に楽しげに笑った。
そんなおいらを睨みつけつつ更に不機嫌な顔になったショットガンは、ランチの会計を当然と言わんばかりにおいらに任せ、サッサと事務所に戻っていった。そんなショットガンの後姿を眺めながら「あの子、今日はどげんしたの?」と夏姉が聞いてきたので「あの日」と答えてやったら、お盆で張り飛ばされた。



レンタルおやぢ貸し出します!
7 8月18日(水曜)の午後19時前頃。
夏姉に投げキッスを投げつけてお盆でKissを叩き落とされながらも、いつものカフェに。一言も口を聞いてくれないショットガンもムッスーとした顔のまま、おいらの後に続いてカフェの扉を潜って1つテーブルを空けた離れた席に着いた。
テーブルにつくと「すぐにあがるけん」と伝えてきた夏姉が、私服に着替えて左隣の席に腰を下ろすとほぼ同時に、ツルピタも参上。ツルピタは右隣の席に腰を下ろして直に「ショットガンが離れたテーブルにいるけど、何かあった?どげんした?」と聞いてきた。両人差し指で角を作って頭の上に立てて「チョーお怒り中」と教えてやると、ツルピタは「あの娘のためと思ったばってんなー」と言って溜息をついた。

「出すぎたお節介を焼いちゃったのかも知れないけどね、それだけじゃないかも」
なんて言いつつ、ブログにショットガンとモンローの2人のことを「青っ洟臭い」と書いた事や別記事に本社の部下から「早く戻ってきて」とコメントが入れられていた事、それをショットガンが目にして機嫌を更に損ねたのかもと話すと、夏姉がショットガンの横に行って何やら話し込み、そしてショットガンが不機嫌に陥っているその訳を聞き出してくれて無事にあっさりと解決してしまった。夏姉がこっちを向いて手招くのでツルピタとそちらに移動すると夏姉が、「部下の人からのコメントを見て寂しくなりよっただけ」と、ニコニコしながら教えてくれた。
「そんな事でムッツリして口も聞いてくれなかったのかよ」
そう言ってツルピタと2人で半分呆れながら笑って、夏姉と3人で宥めてやっと元のショットガンに戻ってくれた。あー面倒くせーw。


そんなところで夏姉が「今日は何かとモテモテやねぇ」と、また口にした。
おいらが「んとに、参っちゃったよ。ははは」と答えるとツルピタが、「なぜお前がモテるんだ?何があったんよ?」と聞いてきた。昼間のガキんちょと中学生くらいの女の子の話を聞かせてやって、ついでに自分の目の前にいる3人を見て、そしてモンローの事を思い返してサイドビジネスを思いついた。
「君ら3人やモンローとかさ、おれの周りって事情があって両親がいないか片親育ちの人間ばかりだろ?"家族貸します!"みたいにさ、父親のレンタル店、その名も"レンタルおやぢ"という店を開いたら、小遣いが入ってくるんじゃないか?」
頭の中に閃いたサイドビジネスについて語ってみたが、3人は「はあ?」とトボけた顔をしていた。
「そんなサイドビジネスを立ち上げてもしも繁盛してきたら、君たち3名をバイトとして雇ってやっても構わんぞ。どうかね?」

エラソーにもう一言語ってみたら、夏姉が吹いて笑い出した。
夏姉は「バカやねぇ。後で色々と考え込む癖に、そんな仕事出来んやろう」と言ってまた笑った。「んでもさ、労せずにお小遣いがポロンと転がり込んでくるかもよ?おっOいポロ~ンみたいにさ!」いきなり笑われてちょっとムッとしながらもそんな言葉を返すと、「おっOいポロ~ン」に反応したショットガンが恐ろしい顔して睨みつけてきて夏姉は更に笑い転げ挙句、ツルピタにまで「きさんに人ん生活に入り込むような仕事、向かんちゃ」と言われてしまった。
「ぬうううぅぅぅぅぅ・・・」
唸ってみたが、まあしかしそうかも知れない。何かと係わった人達の事を、後になってから"あーでもない、こーでもない"と考え込んでしまう自分には、やっぱりちょっとそんな仕事は向かないのか?


「そんな事より、今度映画でも見に行かん?」
唸りながら考え込んでいたら、夏姉から昇天しそうな言葉を投げかけられた!。ツルピタが謎に動揺しながら「おれは?おれも行ってよかかっ!?」と叫ぶと、夏姉はサラリと「べるさんにお願いしてると」と照れながら答えて特攻駆逐艦ツルピタ号は遭えなくテーブルの下へと沈んでいった。
おいらはおいらで慌てふためいて「なんでおれ!? いや、おれで・・・ホントにおれでいいのっ!?!?」と確認してみると、大人の色香をさり気なく振り撒いている夏姉は静かに頷き、おいらの頭の中にはドス黒い煩悩の波飛沫が飛散しまくった。☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆
うーん、女性と二人きりで映画なんて、ン年振りジャマイカっ!

日程もまだ決めてないのに、勝手にデートのスケジュールを考え始めるおいら。
"ジブリの「借りぐらしアリエッティー」観たかったんだよなぁ。いやいや夏姉は大人の女性、ここは自分を抑えて「きな子」とか「踊る大走査線」あたりがベストであろうか。いやちょっと待てよ、「ソルト」にまだまだ上映が続いている「インセプション」の方がベストチョイスではなかろうか!?"
テーブルの下で難破船化しているツルピタをヨソに悶々としながら考えていると、夏姉が「私ね、前から観たいと思っていた映画があるんよ」と言ってきたので「(夏姉と二人きりなら)何でも良いよ!」と答えると、「ポケモンと観たいんよ」と言葉を続けた。


・・・ポ、ポ、ポケモン(*・ω・*)
その言葉を聞いた特攻駆逐艦ツルピタ丸は突如復活して、「お前らにはお似合いばい。ポケモン観て盛り上がっちこお~~いっ!」とホザいて笑いやがった。むきー。
ツルピタの頭をテーブルの下に押さえ込みながら夏姉になぜポケモンなのか聞いてみると、中学生の頃、まだ両親の仲が良かった頃にポケモンを観に連れて行ってもらったことがあるらしく、そんな当時の楽しい記憶がすり込まれていて前々から見に行きたいと思っていたと話してくれた。

そんな心の傷を癒してあげる為に、おいらがいるのさっ!
張り切って「どこでも付き合うぜ!」とカッコつけて答えると、夏姉はニッコリ微笑んで「この子も一緒やけん。3人で楽しもうね」と言った。
「この子?この子って、どの子?だれのこと?だれだれ?どれっすか?」
半分うろたえながら聞いてみると、「うち。うちも一緒。べるさん、よろしくね」横からショットガンがニッコニコしながら答えた。
・・・え~っ!?!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


それって夏休みの家族の団欒かよっ!!!
夏姉と二人っきりのデートが楽しめるものと思いきや、ポケモンとかショットガンとか・・・とほほ。横で腹を抱えて笑い転げているツルピタの頭からカツラを剥ぎ取ると、八つ当たりでカウンターの中にいるカフェのオーナーに投げつけた。オーナーは突然飛来した不気味なモノに驚き慌てふためいて「はっ?、ひゃーーーっ!」と叫び声をあげた。
「何するんやっ!」ツルピタと2人で揉み合っているその横で、ショットガンは勝手においらのブリーフケースの中からレッツノートを引っ張り出して映画のチケットと席を確保しちゃって、「明後日20日の17時40分の席を予約したました。チケットは明日、夏姉さんが取りに行ってくれると」と言い、続けて夏姉が「すぐ近くのキャナルシティね。そこのユナイテッドシネマたい」と教えてくれた。

が、「17時40分って、会社の定時は17時45分ぢゃっ!このバカっ!!」
思わずそう叫んだら、ショットガンと夏姉が合体して「またバカって言った!な~していっつも、そんなに口が悪かとっ!!」と、もんの凄い反撃を喰らって特攻駆逐艦ツルピタ号の横にヘンタイ空母のおいらも沈んだ。
ショットガンは「ちょこっとくらいはよ(事務所を)出ても、大丈夫やろう」とか何とか、とんでもない事を夏姉に話していた。そんな様子をテーブルの下から伺いながら、"おまえはほんとにアホぢゃっ!"と思った。なぜならば8月20日の金曜は改装工事が終わった新事務所が渡されお披露目される日で、朝から本社のエライさん達が顔を出すことになっているのである。一応、昼までにお披露目会は終わる予定になっているが、暇で物好きなエライさんなんかが居残って「今夜は久しぶりに一杯やらんか」等とお誘いを受けてしまったりしたら、自動的にショットガンもその呑み会に参加する事になってしまうのだ。


「シカトしまくって人の話しを聞かないからだぞ」
そんな事を考えながら、どうなっても知~らね!と思った。エライさんのお誘いを断るなんて、しがないボンビーリーマンには出来ない話である。
「つーかさー、そんな親子ごっことか家族ごっこみたいなコトするんならさぁ、"レンタルおやぢ"ってやっぱ多少は儲かる商売なんじゃないのかよ?んだよ、3人して出来やしないとかよ!」
この日ホテルの部屋に戻って1人でバーボンをガブ飲みしながら、そんな事を考えブツブツ言ってたおいらなのであった。
てか、金曜はホント、どうなっても知らないなり。合掌。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

  1. べる@SiDOOH | URL | -

    Re: あーらら

    コメントせんきゅう。

    A美へ
    > べるさんべるさん
    > 部を管轄してる専務さんがですね
    > 海外で大きな怪我されてみたいで
    え、大丈夫なの?
    怪我って何があったのさ?

    > 専務の代理でナカシマ君がそちらに向かいましたよ?
    > もう顔を合わせてビックリされてることと思いますが
    ビックリ通り越してムカついてます。

    > ナカシマ君、今夜そちらに1泊して
    > べるさんとショットガンさんと飲みに行くって喜んでたけど
    知らん。
    何も連絡よこさずにそんな事考えてくれたって
    こちらにも大事な用事があったりするのさ。

    > べるさんは今夜、都合が悪そうですね。
    > ナカシマ君、どんまいって感じですね。あは。
    ヤツは今夜1人でおエライさん2名の酒の相手をする予定。
    ざまみろw

  2. A美 | URL | -

    あーらら

    べるさんべるさん
    部を管轄してる専務さんがですね
    海外で大きな怪我されてみたいで
    専務の代理でナカシマ君がそちらに向かいましたよ?
    もう顔を合わせてビックリされてることと思いますが
    ナカシマ君、今夜そちらに1泊して
    べるさんとショットガンさんと飲みに行くって喜んでたけど
    べるさんは今夜、都合が悪そうですね。
    ナカシマ君、どんまいって感じですね。あは。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/124-0f18ad49
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。