--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あちゃぽーっ!

2010年08月23日 13:20

■ストーク・ガールズ
今月に切換わる直前くらいから、おいらはカルク寝不足に陥っていた。
夜中の午前1時前後、次に午前2時半前後、更にその次は午前4時前と、なぜか毎晩決まってその時間に目が覚めてトイレに篭り「う~ん・・・早く出て、お願い」と寝惚けた頭で自分のケツに拝み倒していたりして、毎回20~30分ほど便座の上で過ごしたりしていて寝不足に陥ってしまったのである。神経性の過敏性のアイツは知らない内に収まって、最近は日中に汗を掻く事が増えたせいか連日狭いトイレの中でカッチカチのンコ様との格闘を繰り返す日々が続いており、それは夜中に規則正しく飛び起きて便座に腰を下ろしている時も同様なのである。
んで、本日8月22日は日曜ってコトで"ゆっくり寝ていられるし!"等と考えつつ、朝食の後の定期便よろしく礼儀正しく便座にチョコンと腰を下ろしていた。
 
 
「は、は、は、は・や・く・・・出・て・き・て・お・く・れ・っ・!」
大きく息を吸い込みコメカミに血管を浮き立たせながら「フンガー」と下っ腹に力を送って、カッチカチのンコ様を体外に放り出すべく戦っていると、携帯にモンローからの着信が入ってその昔、マリリン・モンローがジョン・F・ケネディー大統領の誕生日に歌った"Happy Birthday to You"の着うたが流れた。居留守を決め込もうと思ったものの、着うたのしつこいリピート=モンローの連続リダイヤルに気が散って排便どころの話ではなくなってきたので、諦めてケツも拭かずに出る事に。
モ:べるさーん、今ヒマ?今どこおるとー?
べ:今日は1日安息日となっております。お疲れ様です。それでは御機嫌よう、また会う日まで。
モ:え!ちょっと、べrus・・・
べ:プッ、プーッ、プーッ、・・・。

「後ろ髪惹かれない相手の携帯は切りやすいね、けっけっけっ」
そんな独り言を呟いていたら、今度は夏姉から携帯に着信が入った。ちなみに夏姉の着信に設定している着うたは、capsuleの「Sugarless Girl」で取敢えず間に合わせているところ。
夏:もしもし?今どこおると?うち今日は昼までやけん。暇あったらカフェに来てね。
べ:お!それなら今日こそは、2人きりのデートをtan・・・。
言葉を出し切る前に大腸の中でカチグソ様が渋滞事故を起こしやがったのか突如、下腹部に「グーリグリグリッ!」というとんでもない激痛が走って、「ご、ごめん!」とだけ夏姉に伝えると携帯を叩き切ってトイレに飛び込んだ。
しかし、人の腹の中で渋滞事故までをも引き起こしてくれたカチグソ様は、出口に顔を覗かせた状態でストッピング!くぁ~っ!!


その後は着信の妨害もなく、フラフラになりながらも何とか体外放出に成功。
ホテルの部屋の中の風呂と一括りになっているトイレと言えど、1時間以上もリキみ捲っていて汗だくになった。Tシャツとトランクスを脱ぎ捨てスッポンポンになって、息子を振り回しながら滅多に使わないホテルのガウンをフワッと身に纏うと、そのままベッドにうつ伏せに倒れ込んだ。眠いし黄門様は痛手を負ってヒリヒリしているところに、ホテルの部屋の中を流れるエアコンの冷気は優しくて心地良かった。
"あいつら「今どこ?」「今どこ?」って、一体なんなんぢゃ?おれのアリバイをそんなにどうにかしたいのか??それとも単なるストーク・ガール???夏姉にストークされるのはなんだかドキドキして嬉しいが、モンローにストークされたら水洗便所に流しちゃうぜ?"そんな事を考えながら、そのまま眠り込んでいった。



■ほわぃっ・みぃ~っっ!!
8月20日(金曜)の午後16時40分ごろ。
新事務所のFAXにツルピタからのニセの緊急の見積り&打合せ依頼が届き、事務所の中に緊張感が漂った。1枚のFAXを事務所の中にいる全員がチラッと一瞥して、おいらとショットガンは無事に脱走を決め込む事が出来るのか思いを巡らし、ナカシマは今夜のご老体2名との呑み会の行くへを気にしながら、肝心のご老体2名は「わしらはそんな依頼書知らんもんねー」みたいな顔をして緑茶を啜っていた。
結局、真っ青な顔になって呆然と立ち尽くすナカシマとご老体2名を事務所に残し、おいらとショットガンは無事に脱走を成功させた。うっしっしっ!

事務所が入っているビルをショットガンと2人でハイタッチを交わしながら飛び出した。
しかしそこで、木曜の昼間にカフェのまん前で声をかけてきた中学生くらいの少女に出くわしてしまった。その少女は「あ、あの!お願いやけん!映画に!お願い!」以前に会った時と同じコトを伝え頼んできたが、「ごめん!ちょっと今、急いでるんだ。ごめんね、また!」そう答えて、冷たくおざなりにするかの様に断った。隣を駆けているショットガンが「べるさん・・・」と、"もっと優しく接してあげて"という顔でこちらを見た。
おいらは何も答えずに早歩きで歩き続け、キャナルシティに17時20分には到着して夏姉とのランデブーを果たした。僅かに遅れて「はぁはぁ」と息を荒げたショットガンも到着。中に入ると3人であっち向いてホイで座席を決め、おいらは2人の間-つまり両手に花状態で腰を下ろした。
しかし右隣のショットガンは初めての映画鑑賞にコーフンし、子供の様にハシャギながらスクリーンを見つめてた。


「他のお客の迷惑になるぞ」
そう注意をしてやっても、ショットガンのテンションは下がる気配を見せずにずっと「きゃー、きゃー」騒いでいた。「ポケモン楽しいね!」ショットガンから、そんな風に話しかけられた・・・ように思う。
なぜ"ように思う"と書いたかというと、おっちゃん爆睡してもーたのよ。多分、上映開始10分もしない内に死体のように眠りコケ始めてしまって、ショットガンの様子どころかポケモンの内容も判らず仕舞いという情けないデートに(滝汗。上映が終わって劇場内の照明が切換わった瞬間、「あ~、朝かー」とホザいてノビしながら目を覚ましたおいらを見つめるショットガンは、「・・・ね、ね、寝てたんやか?」と一言発するとおいらの首を絞めてきた。
「皆で映画を楽しもうって思ったんに・・・っ!!!」ショットガンは目に涙を溜めて怒っているし(汗。

「ごめんよ、寝るつもりここに来た訳じゃないんだけど。さーせん」
ショットガンにペコペコと謝ってたら、夏姉が優しく「疲れてたんよね」と合いの手を差し伸べてくれた。おいらが「そう、そうなのだ!最近夜中にやたら目が覚めてさぁ」と言いつつ夏姉に甘えていると、ショットガンの目が一瞬キラッと光っておいらの脇腹にエグるような肘が入った。
おいらは息が出来なくなって悶絶しながらも夏姉に助けを求め、2人で売店のカウンターに並んだ。「パンフレット買うやろ?」夏姉にそう聞かれて頷いてチャッカリ夏姉の手を握っちゃったりして並んでいると、「週末はお子様のお客様が多くなるのでパンフレットは大人の方は2人に1冊でお願いします」とかアナウンスが流れた。その時点で自分の分の1冊を購入していたが夏姉にそれを捥ぎ取られ、後ろに「フンフンフ~ン」と鼻歌を口ずさみながら並んだショットガンは1人で観に来たお客と間違えられて労せずにパンフをゲットしていた。


「おれにもパンフ!ねえ、おれの分は?おれにもパンフくれよおおおお!」
そう叫んだら、夏姉とショットガンの2人はこっちを睨みつけて「寝とったんやし、必要ないやろー」と同時に言ってくれちゃったりなんかして。・・・ぐっすん、しくしく。「なんだよなんだよ、結局映画のチケット代は全部おれが出したんだぞ。パンフぐらいくれよぉ」1人離れてブツブツ呟きながら2人の後ろを追ってしまったがために、この夜の夕食代もおいら持ちとなって2人の女性はとても満足した表情でそれぞれの自宅へと消えていった。
ヾ(●`曲´●)ノ!!!!・・・文句を言ってやりたかったが夏姉に煩悩を抱いていてしまっているおいらには、そんな小さな文句さえ言う事が出来なくなっている(爆。



ナカシマ君、核弾頭を持ち込むの巻
翌日の8月21日(土曜)の午前10時過ぎ。
新事務所がその機能を果たせるよう、お披露目会の後始末と地下の倉庫や臨時事務所から必要な機材を運び上げていた。ショットガンが新事務所の中をセッセセッセと掃除をして回る中、おいらは今回頼んだ引越し業者の連中と物やらPCやらを運び上げた。
午前の休憩時間になって、ショットガンに纏わり付きだした引越し屋のニーチャン共を追い払いつつアールグレイを啜っていると、誰かが事務所のドアをノックした。「どうぞ」と言う前にドアが開いて、ナカシマが中を覗いている。"丁度良いところに!"そう思って「物を下からあげるの手伝えよ」と声をかけたら、ナカシマの背後から例の中学生くらいの少女が顔を突っ込んで中を覗いた。

おいらは例の少女に視線をやって、「部外者立ち入り禁止ですよ?」と小さく呟いた。
その言葉が聞こえた少女はニコニコッと笑って、「こんにちは、お邪魔するけん!」と元気良く挨拶してきた。「"こんにちは"はいいんだけどねぇ」そう言いつつショットガンにお茶を淹れてあげるように頼んで、ナカシマの襟首を鷲掴みにして「おいおい、オマエは一体何考えてるんだ」と言ってみた。ナカシマは冷や汗を垂らしながら「えへへー・・・すいません」と謝ってきて、おいらは「部外者を、しかも未成年者連れ込みやがって・・・」と、今すぐに追い出せと言おうとして止めた。もう連れ込んじゃってるし、本人を前にしてチト可哀想な気もした。
んで、少女の方を見て「中学3年?2年?」と聞いてみたら、「うち、6月が誕生月で今19歳です!」少女はそう答えて赤ん坊の様に笑った。


で、暫くの間その赤ん坊のように笑う女の子と色々と話をしてみた。
19歳のその子は今年短大を卒業して現在フリーターをしてるとか。名前は早紀ちゃんということで、そのままサキちゃんと呼ぶことにした。ま、今後再び会う事があるのかどうかはわからないが、漢字で変換かけるのが面倒臭いという事でF7ぽっちり1発変換可能なサキちゃんにした。
しかしサキちゃん、どうしておいらと映画鑑賞したいのか理由を尋ねても、そこだけはガンとして答えてくれない。
「なしても(どうしても)、お願いしたいの」
そんな感じで何回も頼まれたが、理由を教えてくれないので益々身構えてしまう独男のおっちゃんなおいら。「偶然そんな機会があったら、ね?」そう言って取敢えずはこの場を誤魔化した。

そんなサキちゃんを連れ込んでくれたナカシマに、罰として事務所の整理をやらせる事に。
んで、ショットガンとサキちゃんを連れて夏姉がいるカフェへと向かい、昼過ぎまで仕事をサボってサキちゃんにランチをご馳走し、"これで映画の件は忘れてくれ"なんて考えながら14時過ぎにサキちゃんと別れて事務所に戻った。
事務所ではナカシマが「お腹がすきましたよぉ」とベソを掻きつつ引越し業者のニーチャン共と仕事に励んでいた。「おれとショットガンの弁当余ってたろ?それ食っても良かったんだよ?」と言いつつも、心の中ではザマミロと笑っていたり(悪。


この日の夜は空手バカとショットガン、ツルピタとヤツの娘のミキ姫に夏姉とモンロー、そして「とっとと帰れや!」なんて苛めつつも誘ってやったナカシマと独男のおいらの8名で、アルコールを入れながらダーツとビリヤード(9ボール)をプレイ。
おいらはビリのショットの仕方を夏姉に教えてやりつつ、ショットを構えた夏姉の後ろでしゃがんで"グッドなおヒップ!"なんて楽しんでいたら、ショットの瞬間に後ろに引いたキューのケツが脳天に直撃してピンク色の星を目から飛ばした。



■あちゃぽーっ!
時間は8月22日(日曜)の午後14時前に戻る。
ガウンを羽織ってうつ伏せのまま眠りコケていたら、携帯にショットガンからの着信が入って起こされた。
「べるさーん、今何してます?まだホテルの部屋ん中?」
「うん。今日は1日安息日・・・だからお願い、寝かせておいて。今日1日だけはおれの存在を忘れてくれ」そう答えるとほぼ同時に、部屋のドアが誰かにノックされた。誰か来たからちょっと待っててと言いつつドアを開けたら、目の前には携帯を耳に当ててニコニコしているショットガン、そして同じくニコニコしながらこちらを見つめる夏姉とモンローが立っていた。
-・・・ぇ?

その後のことはあまり書きたくないのである。
ただひとつ、「独男のおいらは即死した」とだけ、書いておくのである。しくしく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

  1. べる@SiDOOH | URL | -

    Re: 未来の専務どんまい

    A美たん、いつもコメあんがと!
    > 未来の専務と言ってる割に小学生か中学生みたいな行動ですね(笑。
    ポケモン鑑賞会当日のナカシマの言動に
    ショットガンは相当お怒りになってます。なんまいだ。

    > ちなみにこの未来の専務さんは
    > コチラの他部署の女の子(の一部)からも嫌われてます(爆。
    やっぱ、ウチの部署から関連会社かどこかに弾き出しちゃた方が
    ヤツの身のため周囲の人間のシアワセのため、なんかになるであろうか?
    ワシの配下にそんな嫌われ者は要らんぞ(笑。

    > 理性より本能優先させるところは直しましょうね < ナカシマ君。
    直しましょうね!

  2. A美 | URL | -

    未来の専務どんまい

    > 君と初顔合わせした女性陣にかるくアンケートを行ってみた。
    > ・余計な事ばかりする。余り好きになれない。:ショットガン
    > ・人をジロジロ見てきて怖かった。:夏姉,モンロー
    > ・ビリヤードのショットを教えてくれるついでに
    >  身体にタッチされて気持ち悪かった。:モンロー
    > ・ニヤニヤしていて気持ち悪かった。:ミキ姫
    >
    > 番外編として
    > ・女房がそう言うのならそんなヤツなんだろう。:空手バカ
    > ・人の娘をニヤニヤ見るんじゃなかっ!:ツルピタ
    未来の専務と言ってる割に小学生か中学生みたいな行動ですね(笑。
    ちなみにこの未来の専務さんは
    コチラの他部署の女の子(の一部)からも嫌われてます(爆。
    理性より本能優先させるところは直しましょうね < ナカシマ君。

  3. べる@SiDOOH | URL | -

    Re: お疲れ様です!

    コメントせんきゅう。
    ま、今回の返信の内容を見て泣かないように。合掌。

    ナカシマへ。
    > BD!土曜の晩はありがとうございました!
    君と初顔合わせした女性陣にかるくアンケートを行ってみた。
    ・余計な事ばかりする。余り好きになれない。:ショットガン
    ・人をジロジロ見てきて怖かった。:夏姉,モンロー
    ・ビリヤードのショットを教えてくれるついでに
     身体にタッチされて気持ち悪かった。:モンロー
    ・ニヤニヤしていて気持ち悪かった。:ミキ姫

    番外編として
    ・女房がそう言うのならそんなヤツなんだろう。:空手バカ
    ・人の娘をニヤニヤ見るんじゃなかっ!:ツルピタ

    結果
    総じてかなりのマイナススタートとなった今回の初顔合わせとなって
    上司としてワシは笑いが止まらんよ(極悪。
    回答者の名前を出しているところにワシからの愛を感じてくれ!


    > 今回の記事を読んだ感想は
    > とりあえず笑っておきます!
    >
    > ((*´∀`))ウキャキャ
    上のアンケートの結果を見たら、もう笑えんだろ?
    嫌われちゃったね^^ どんまいw

  4. Mr.Nこと(未来の)専務ナカシマ | URL | -

    お疲れ様です!

    BD!土曜の晩はありがとうございました!

    今回の記事を読んだ感想は
    とりあえず笑っておきます!

    ((*´∀`))ウキャキャ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/126-0b30f87d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。