--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の主が挨拶に来た?

2010年09月14日 13:13

■新記録樹立
9月14日(火曜)の午前10時過ぎ。
今日は出社してすぐにトイレに直行。
先週から引きずっているゲーリー君のおかげで黄門様はカルク裂傷を患っており、今日はそんな黄門様を庇うかのように役員用のトイレで用を足した。
だって、役員用の個室便器って快適装備満載なんですもの!
しかし用を済ませて個室から出ようとすると再び下腹部に緊張が走り、そして再び便座に腰掛て用を足す。
そんな事を繰り返して、やっと先ほど自分の席に戻ってきたのだが、机の上の時計を見てビックリ。
2時間近くもトイレにこもってました(汗。
 
 
ちなみに現在も38度以上の高熱は下がっておらず、一昨日からなんだか耳鳴りが・・・。
引越し作業の進捗状況はというと、おいらは残すところPC本体及びラックにPCデスク、それとPCパーツの外箱さんご一行とチェストのガワを2式残すのみとなったが、旧宅の取り壊しは明日15日の早朝からとなっており余裕がないちゃあない。
しかし風邪ひき~の、高熱だし~の、ゲーリー君はどんどん酷くなり~のという身体状況が相当思わしくない中での引越し作業は、どうにもこうにも捗ってくれない。
つーか、「もうどうでもいいや!」みたいな途中で丸投げ全放棄したくなってきているが、PC関係だけでも何とかしなければいけないと、ここ数日間フラフラになりながら自分でエッチラオッチラと荷物を運んでいるのだ。


そんなおいらの今月の様子はこんな感じ。
◎9/1~/5
建替えの具体的な予定を教えてもらえずも、ネット断線までに少しでも仕事を片付けておくべく連日午前2時過ぎまで自宅でサービス残業。
尚、インターネット・プロバイダーのコミュファには9月3日に回線設備撤去工事を13日でお願いする。
また、自宅の通電は親父のウッカリミスで9月4日に遮断されてHONDAのエネポを慌ててレンタル、以降の深夜の自宅サービス残業はエネポから供給される僅かな電力で細々と行うことになる。

◎9/6~/7
福岡に1泊出張。7日のam中に帰宅。
7日の晩、回線設備撤去工事が10日に早まった事と自宅取壊しが15日に決まった事を知る。
取壊し予定を確認後、ネカフェPCとエネポ供給電力で稼動させたPCで自宅サービス残業を行う。

◎9/8~9/10
仕事から帰宅→引越しのため荷物をまとめる→ネカフェ出社でサービス残業→エネポ供給電力稼動PCで自宅サービス残業というサイクルで3日間黙々と作業。
ちなみに毎晩午前4時まで仕事で起きていた。

◎9/11
両親手配の業者が大型荷物の引越し作業で訪れる。
業者を手配していた事は、この日の早朝に初めて聞かされて動揺しつつも仕事で出社。
起床時に熱を測ったら38度以上あった。

◎9/12
日曜休日につき、引越し作業に専従する。
風邪を患っての発熱はこの日も38度以上もあって、昼過ぎから下痢も酷くなる。
お袋が用意してくれた風邪薬と下痢止めを晩に服用後、頭と両手が痺れ出して引越し作業が出来なくなる。
おまけに高熱のせいなのか午後から耳鳴りが発生し、晩には嘔吐まで。
風邪薬のパッケージには「幼児用」と「他の薬との併用禁止」をの注意書きが!

◎9/13
この日も朝から38度以上の高熱と耳鳴り、そして下痢と嘔吐。
午前中だけ出社し、夕刻前には帰宅→引越し作業を行う。
久し振りに顔をあわせたA専務に昼食をご馳走になるも、即座に嘔吐で吐き戻す。
耳鳴りの酷さと嘔吐を診てもらおうと社の医務室に飛び込むと、「肺炎になるよ」と脅される。
医務室にて下痢止めをもらったが治まらず。

◎そして本日9/14
今日も朝から38度以上の高熱+耳鳴り+下痢+嘔吐のフルコースを従えたまま出社。
役員用トイレでの出来事については先に記したとおりだが、用を足し終えて立ち上がる度にクラッと目が暗んでぶっ倒れそうになる。やばいよね。
午後には帰宅するが、この体調で引越し作業なんて無理ぽー。
チェストのガワだけでも誰か運んで欲しい。



■家の主が挨拶に来た?
昨日9月13日(月曜)の午後17時過ぎ。
日が陰って薄暗くなりつつある旧宅の中で、PC関係以外の荷物をまとめていた。
そしたら、チェストの陰から写真アルバムがドッサリ出てきた。
すっかりその存在を忘れていたアルバムを開いて見てみると、専門学校時代から別れた女房との結婚式のあたりまでの、めっちゃ懐かしい写真がどっさりアルバム23冊分も!
そのまま旧宅に残しておいて解体業者に処分して貰おうとも思ったが、専門学校時代の仲の良いメンバー達との思い出や出向で放り出された先での社内旅行の思い出、そして別れた女房と付き合うキッカケとなった経緯や結婚を思い立ったその様子なんかもしっかり残っていて、これを他人の手で処分させる訳にはいかないと思った。

しかしアルバム毎だと重すぎるし量もあるし、いちいち持って移動するには手間が掛かる。
写真を1枚1枚アルバムから抜いて、小さめの段ボール箱に移す事にした。
20100914_bl_01
出向させられてしょ気てたおいら慰めようと、専門学校時代のクラスメートが集まって白浜海岸へ。
特に仲の良かった、おいら・沖縄出身のS・劇団員やってたYの3人のスナップ-in 1987.08.14
どれが誰でしょう?本当はもう少し引いた画で結構面白くシュールに撮れた1枚。


昔を懐かしみながら写真を抜いていて、いつの間にか居眠りしていた。
まとめた荷物を取りに来たお袋に、「あんた!こんな所で何してるの!」と叫ばれて飛び起きた。
「シンドイな」と思いつつまだ写真を抜いていないアルバムに手を伸ばしたら、アルバムの山の上に2mくらいありそうな白い青大将がいた。
ビックリして「うおっ!? こ、こんにちわ」なんて思わず挨拶してしまったら、白い青大将はスルスルと廊下の方に出て行って、続けてお袋の叫び声が響き渡った。
すぐにお袋が部屋に飛び込んできて「白蛇!大きな白蛇がでたよ!」と、真っ青な顔で震えながら言った。

まだ愛犬が生きていた頃、1度家の玄関で白蛇に出くわした事があった。
まだ30cmほどだった白蛇は愛犬に吠えられ威嚇されて、玄関の中をくねくねと逃げ惑っていた。
愛犬の五月蝿さに様子を覘きに行ってその白蛇を見て、すぐに青大将と判ったので捕まえて外に放してやった。
そんな事を思い返しながらお袋に、「昔出た白蛇だよ。ずっとウチにいたみたいだな。白蛇は家を守ってくれるとか言うんだろ?きっと建替えに気づいて様子を見に来ただけだよ。それに青大将だから咬んだりしないし」と言ってみたが、にょろにょろする物が苦手なお袋は仮住まいのアパートへと逃げて行ってしまった。
「家が新築されたら、また家の守りをお願いしますよ」と呟きつつ、荷物を担ぐとお袋の後を追うようにアパートへと向かった。


つーか、誰か荷物の移動手伝ってくれ。
部下の連中は全員出張に出ちゃってるし、福岡からツルピタ呼び出せばよかったよw 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

  1. べる@SiDOOH | URL | -

    Re: 年中やな

    コメントありです。
    ジャングル大帝って誰だったか
    一瞬考え込んでしまった(汗。

    > おまえは年中いっつも腹下してるんじゃないか?
    ナイーブで繊細なおいらの身体の作りがわかってないようだね!

    > お大事にな。
    あんがとね。

    > 自宅と一緒に取壊されるんじゃないぞ。
    その自宅ですが
    昨日の取壊し初日から大モメにモメてますよWWW

  2. Mr.Tことジャングル大帝 | URL | -

    年中やな

    おまえは年中いっつも腹下してるんじゃないか?
    お大事にな。
    自宅と一緒に取壊されるんじゃないぞ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/147-5916ef95
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。