--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱液晶モニター RDT231WMS-D

2010年09月24日 18:00

■大目玉へのプロローグ
9月24日(金曜)の午前7時前。
ほぼ2週間振りに触れる状態になったPCに嬉さ満開になって、昨晩は今朝の午前3時近くまで起きて騒いでハシャイでいたにも拘らずパッチリと目が覚めて、これまた久し振りに親子3人での朝食を摂った。
朝食後、昨晩に携帯に届いたネット旧友の女の子からのメールを開いて読んで、まだ敷きっ放しにしていた布団の上に横になって言い訳満載な返信を発射。
なんせ夕べはPC復活に喜びすぎのハシャギ過ぎで、メール着信音にすら気がつかなかったのよ。
WILLCOM03の液晶にメール送信完了のダイアログが表示されるのを見届けると、今朝は少し涼しくて気持ちが良いね、なんて考えながらそのまま天井を見つめてボーっとしてた。
 
 
■三菱液晶モニター RDT231WMS-D
9月22日の午後23時半過ぎ。
今朝の出社のついでに自宅地域を担当している宅配業者の営業店に寄って受取った、先週16日にネット通販ショップのe-Trendに注文を入れた三菱液晶モニター/RDT231WMS-Dをワクワクしながら開封した。

20100924_bl_01
無事に自宅へと持ち帰る事が出来た新品の三菱液晶モニター / RDT231WMS-D。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




20100924_bl_02
れっつ・開封・♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_03
片側端の扉には梱包の様子が図解説明されている。
最近手にするPCパーツは殆ど全てが海外製品。
珍しくこんな親切な説明が記されている日本製品を手にして心が打ち震えたわい(笑。











20100924_bl_04
梱包状況を上から眺める。
シンプル且つコンパクトに梱包されている。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_05
液晶モニター裏面の左右に振分けて梱包されていたケーブル等の付属パーツを取出したところ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_06
液晶モニター本体とその裏側センターに梱包されていたマニュアル類とスタンド基部を製品外箱から引き摺り出したところ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_07
液晶モニター本体をスチロール製の緩衝材を外して保護袋から取出し、スタンドの追加アームブロックを挟んで組み立てたところ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_08
この日は取敢えずPCデスクの上に載っけてみて、様子を伺って終了。
感動の接続と通電は翌日の晩に行う事にして就寝。
4ヵ月後には再度の引越しが控えているので、液晶フレーム部の保護シールは剥さずにそのまま使用する予定。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんと言うか、うーん・・・なんだろ。
宅配営業店で受取り製品外箱を手にした時の感動は、組立て終えてPCデスクに設置した頃にはなぜだか綺麗に消失していた。
同じ23インチFullHDワイドの他社製液晶モニターをネカフェや社内で眺めていた時には、その画面サイズなんかに横に広くて使い易い等と言って感動していたのだが、いざ自宅で設置を終えてみるとそのコンパクトさに些か拍子抜け。
意気込んで新品の液晶モニターを購入したというのに、この拍子抜け間は一体どうしてしまったのだろう?
おニューパーツのVGAやRAM、それにCPUを買い換えた時ほどの感動が沸いてこない。

それに冷静になって考えてみたら、廃棄した43の19インチアナログモニター:CPD-G420は1600×1200の解像度で使用していたが、23インチFullHDワイドの液晶モニター:RDT231WMS-Dは1920×1080の解像度だから、表示面積が増えたといっても騒ぐほど広くなったワケではないのだ。
とはいっても、CPD-G420は25kgもあったが今回購入したRDT231WMS-Dはスタンド部を含んでも5.6kgの軽さであり、新築完成後の引越し時にも楽に1人で動かせる。
おまけにこれは個人的な感想だが、ネカフェや社内にあるIO DATA製の23インチFullHDワイド液晶モニターよりか遥かにプラスチッキー感が少なく感じられ=価格の割りに安っぽさが少ないところも◎である。


9月23日(木曜)の午後22時前頃。
今夜はRDT231WMS-DとPCの接続と通電確認を行って、問題が無ければWILLCOM03USBモデムとしてPCと接続してのネット接続を行う。
RDT231WMS-Dは流石、日本が誇る三菱製液晶モニターでドット抜けも見受けられず、接続と表示動作に何も問題は無かった。
勿論、TNパネル特有の視角による色ムラはあるものの、ややコントラストが足りないというか再現色が微妙に薄く感じられる。
実は先日の記事に記したDVI-IとDVI-Dの接続仕様について調べなおしたところ、接続端子の形状及び仕様共に互換性が保たれている事を知ったおいらは、RDT231WMS-D付属のD-Subでの接続を急遽中止して地元家電量販店にDVI-D:DVI-Dケーブルを買いに走った。

そこで初めてRDT231WMS-Dの元製品と思われるRDT231WM-Sのデモを眼にした。
家電量販店に着いてDVI-D:DVI-Dケーブルを捜し求めて店内をうろついている時に、たまたま液晶モニターの販売エリアに足を踏み入れて各メーカー製液晶モニターのデモを眼にして暫くの間、海外の有名メーカー製の液晶モニターや日本の他メーカー製液晶モニターと比較して見ていたが、やっぱりRDT231WM-Sの表示が一番綺麗で目に疲れも感じなかった。
しかし、自宅に設置したRDT231WMS-Dの再現色は、なぜかやや薄く感じられる。
廉価製品だし、再現色が薄く感じられるといっても僅かで個人の感覚の問題だし、それに価格からすれば十分納得出来る買い物だったさと、取敢えず自分を納得させてWILLCOM03USBモデムか及びネット接続にトライ。


WILLCOM03のポケットガイドブックを見ながらUSBモデム化を行ったが、旨くいかず。
なーんか、ポケットガイドブックの記事は設定手順の内容を端折り過ぎていて、全く持ってネットに接続するどころかモデム化そのものに失敗しているような感じ。
PCにモデムドライバをインストールし終えるとWILLCOM03の接続を外し、WILLCOM03をネットに繋いでWILLCOMのPRINサイトにアクセス、そして設定手順を確認しながらPC側の設定のみを行った。
PC側のPRIN接続設定を済ませると、ドキワクのWILLCOM03を接続してのモデム化の確認とネット接続である。

20100924_bl_09
WILLCOM03を専用USBケーブルで接続した瞬間、「PRINに接続しています」というダイアログが表示された。
 
 
 



20100924_bl_10
そしてデスクトップに作っておいたPRINネットワーク接続アイコンがモノクロからカラーに表示が変わり、タスクトレイからは「PRINに接続しました。」と記されたバルーンが表示された。
しかし接続の下りスピードが115.2kbpsとか笑っちゃうよ!メガを切る接続回線って初めてだぞww

 
 



20100924_bl_11
しかし取敢えずは渇望していたネットへの接続が出来た。
早速、Orchis LauncherからIEを起動して、試しに自分のブログにアクセスしてみる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_12
この画像のまんまの状態で、数分待たされた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_13
正確には上記画像の状態から3分程経過した後にチョボチョボとブログの中身が表示され始めて・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_14
IEを起動して自分のブログサイトにアクセスしてから6分が経過。
未だ全てが表示されない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_15
そして14分が経過。まだまだ全てが表示され切っていない。
うおいっ!みたいな・・・。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




20100924_bl_16
我慢し切れずに自分のブログサイトの下の方を覘いて見る。
TwitterブログパーツのIS Paradeの窓の中には何も表示されずw

 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_17
更に少し下に移動。
9月22日にアップした記事の画像は未だ読込み中。
読込みが完了したところでちゃんと表示されるのであろうか?

 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_18
そのすぐ下の9月21日付投稿記事の画像も未だ読込み中。うがっw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_19
勿論、その下の9月19日付投稿記事の画像も読込み中。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_20
ガーッと下げていって9月8日付投稿記事の画像はちゃんと表示されていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_21
その下の9月6日付投稿記事の画像もちゃんと表示済み。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20100924_bl_22
今のご時世にこのスピードでの接続は常時使用に耐えられないね。
そんな事をブツクサ言いながらも記念撮影。TNパネル特有の色ムラであまり綺麗に撮れてませんな。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログの全ての表示を諦めて画面を眺めていたら、タスクトレイに黄色のアイコンが表示された。
OSのアップデートを知らせる例のアイコンである。
約2週間ぶりのPC起動で同時に、それ以来のネット接続である。
回線が細くて遅いといっても、2時間ほど放置しておけばアップデートも完了するであろうと、その黄色のアイコンをクリックしてアップデートを開始するのと同時に、風呂に入ったりリビングでTVを見て放置しておいた。
23時過ぎにPCの前に戻ってアップデートの状況を確認してみたら、ダウンロード率1%で止まっていた(汗。
幾らなんでも1%はないだろう、しかもダウンロードがたった1%進んだだけで止まるなんて、ちょっと考えられん!

USBモデム化してPCに繋いでいたWILLCOM03に触れてみたら、持てないほどに発熱していた(笑。
つまりはWILLCOM03の熱暴走でモデム機能が固まってしまって、アップデートパッチのダウンロードも止まってしまっていた模様。
慌ててPC側からネット接続を中断して、WILLCOM03をハンカチで包んでUSB接続を外した。
WILLCOM03の発熱も考えてやらないとモデムとして長時間使う事が出来ないだなんて、ハッキリ言って使い物にならないだろう。
WILLCOM03のポケットガイドブックをゴミ箱に放り込むと、何が「意外と使えるUSBモデム」だ!全然使えないじゃないかっ!!と独り言を吐いて怒った。


まあでもRDT231WMS-Dが届いて、PCその物が使えるようになった事は有難い。
本日のブログに投稿した写真の加工も自宅で出来るようになって、自宅建替えに伴うネット断線以来の大きなストレスの中の小さな1つが解消されたのだ。やっほい!
それに、暫くの間通電してRDT231WMS-Dを使用していたら、エージングが進んだとでも言うのかな?
車で言うところのエンジンの馴らしが終えて本来の調子を引き出せるようにしたりする事と同じようなモノだろう、やや薄く見えていたRDT231WMS-Dの色再現が本来の色で表示されるようになった。
その後、RDT231WMS-D本来の色再現力が発揮されるようになった事に気を良くしたおいらは、DVDやHDDに保存しておいた動画なんぞを再生して見ていた。

めっちゃ綺麗っす!買って良かったよっ!!
あまりにも嬉しくなり過ぎて、PerfumeのPVを再生しつつ踊ったりしていたら、午前3時近くになってしまって慌てて就寝。



■2度寝で大目玉を喰らう
9月24日(金曜)の午前10時過ぎ。
ハッと目が覚め時計に目をやって絶叫。
ぬわんと、布団の上で天井眺めていて知らない間に2度寝してしまい、目が覚めた時点で大遅刻が確定。
夕べは今朝方までエレクトロワールドを踊り狂っていて、疲れてしまっていた模様。
エライこっちゃあああっ!と、慌てて出社の身支度を整えているところにインターホンが鳴った。
くぉの忙しいタイミングで何処のどいつだ!?と玄関に出てみると、自宅建替えを請け負っている業者の半分ボケたじーさまの息子が「ご主人様はお見えになりますか?」と、引きつり笑いを浮かべながら立っていた。
ちなみにこの業者社員一同と、その業者をウチの親父に紹介した不動産屋のぼけおやじ共は、いっつも何の事前連絡も寄こさずに突然訪問して来やがる。

遅刻確定の焦りと、そんな1万円のお遣い程度のような態度で接してくるコヤツに八つ当たり。
てめーらはさ、いっつも何の連絡も入れずに近所の知り合い宅にたまたま寄ってみたみたいな感じで訪れるけどさ、1万2万のはした金程度の契約ならそれも判るけど、お前らはウチの親父の千万単位の金と契約を舐めてかかって来てるんじゃねーのかよっ!?
いちいちいちいち当日の現場で、やれ廃棄品の仕分けが出来ていないからウチでは何も出来ませんとか、やれ駐車場跡の下水マンホールの処置が出来ないとか、突然スケジュールを変えたりとかさ、おれが施工主だったらトウの昔に請負業者をお前のところからヨソに変えてるぞおおおおっっ!!!
そう叫んだら、昨夜の年齢に似合わないダンスで痛手を負った身体中の関節がゴキゴキと音を発した。


何も言葉を返さず逃げるように立ち去る業者息子を追いかけるが如く、会社へと出掛けた。
正午5分前に出社して、社屋玄関で仁王立ちで待ち構えていたK専務にどエライ大目玉を喰らってしまって、危うく会議室が並んでいる廊下で正座をさせられるところだった(汗。
あーでも、夕べはPCが使えるようになって嬉しかったなあと薄笑いを浮かべてしまって、再びK専務のもんの凄い雷がおいらの身体を貫いたのであった。
あ、そうだ!
価格比較サイトのクチコミレビューにRDT231WMS-Dのベタ褒めレビューを投稿しなきゃ!
大目玉を喰らいつつも、そんな事を考えていたアラフォー独男であった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/155-90bdcf4a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。