--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジすかっ!?

2010年09月28日 15:15

■マジすかっ!?
9月27日(月曜)の午後15時過ぎ。
休憩時間にボケクラ~とネットサーフィンで暇潰し中に、何気にWILLCOMの公式ストア:WILLCOM STOREにログインしてみてビックリ!
突然のHybridW-ZERO3再販-「予約受付開始」と記されたアイコンを見つけてしまって、勉強会疲れの眠気が吹っ飛んだ。むほーっ!

20100928_bl_01


WILLCOMHybridW-ZERO3と言えば、アレなのである!
「世界初」と謳われた所謂、変り種というか変態仕様といいますか、通話にはPHS回線を使用してデータ通信にはSoftbank3G回線を使用(販売停止前はdocomoの回線を使用)するという、2種類の通信機能を備えたスマートフォンなのである。
再販されるというニュースは、少し前からSoftbank派遣の管財人の職に就いている方のTwitter上で流れており、再販に当たってはそれまでの不具合点を改善してからになるとも流れていた。

そんなHybridW-ZERO3再販に、絶滅危惧種的WILLCOMファンは涙ちょちょ切れ!
そしておいらも、ちょちょ切れていたっ!!
なぜならば、現自宅はWILLCOMPHS回線が届くエリアから100mもはみ出していて連日、データ通信中の回線速度の遅さと毎度の回線途絶に頭を抱えていたところなのである。
しかし!現自宅アパートの屋上には、笑えることにSoftbankの中継基地局が設置されていたりするのですよ!
むほほのほ~♪


HybridW-ZERO3の3G利用で、クソ遅く不安定なPHS接続によるデータ通信から脱却可。
また、HybridW-ZERO3単体での高速3Gネット接続のみで、お持ち帰りの仕事とネット勉強会への参加が可能になる。
おまけに、ウチのク○親父が床に落として調子を崩されてしまったWILLCOM03と専用充電台の、それぞれの修理or買換えという無駄な出費を負担する事無く、機種変更で容易に3G高速データ通信環境を手に入れる事が出来るのだ。
ついでに、数ヵ月後の新築完成以降に2本立てになる事を嫌って導入をグズっていた、モバイル接続サービスへの加入によるネット環境導入の必要もなくなる(であろう。

しかし、ちょっと待てよ?
WILLCOM STOREのMy WILLCOMに会員登録しているのに、その事前の案内メールが届いていたか?
少々不安になってGmailの着信メールを確認すると間違いなくHybridW-ZERO3再販されるようで、ウィルコムマガジンの予約受付開始と題されたメールが届いていた。
20100928_bl_02


これは、手に入れるしかあるまいっ!
そう強く感じて、WILLCOM STOREのHybridW-ZERO3の予約受付ページにアクセスし直し、ぽっちりしようとしてみたが2色用意されている本体カラー選択のところに「予約販売完了済み」という文字がっ!?!?
-なんでなの?
本体カラー選択は購入申込の最初の手順であり工程なので、それが選択出来ないという事は注意書きの通りに「予約販売終了完了済み」ということなのであろうか?
再販直前になって、なにかトラブルでも見つかったのであろうかっ!?><

と、悶絶していたら、単なる勘違いが発覚。
20100928_bl_03



WILLCOM STOREのトップページに、「9月28日 午前9時より受付開始」と書かれていた。
届いたメールにも、ちゃんとその旨記載があった。あっはっはっ・・・(恥。
改めてHybridW-ZERO3の製品紹介ページを見返してみると、一般販売は10月8日からと記載されている。
20100928_bl_04
20100928_bl_05


予約の受付開始が翌日28日からと判って、なんだか拍子抜け。
それに、管財人が入って再建立直しを図っているWILLCOMがどのように考えているのか少々疑問が沸いてくるが、予約受付するほど売れるモノなのであろうか?
確かに自分が今自宅で悶絶していることからも、WILLCOMのスマートフォンのネックとなってくるのはデータ通信時にPHS回線を利用するというところが大きいと思う。
自分のブログもそうであるが、昨今のサイトってそこそこ掲載データ量が多くて重めのサイトも多い。
自動でモバイル機器からの接続と判断して、簡易表示に切替えてくれるサイトばかりでもない。

PHSの様な細い回線では、今のエンドユーザーの希望を満たす事が出来ない様に思える。
それにSoftbank3G回線を利用出来るようになったからといって、全てが事足りる訳でもない。
昨年末から今年初めまで販売されたHybridW-ZERO3は、データ通信時にdocomoのFOMA回線を使用する仕様になっていたが、アンテナ機能も兼ねているW-SIMをなぜだか本体底側に挿す構造をとっていた。
その構造が仇となって、電波の狭間のような場所からデータ通信を行ったら電波が途絶して、データのやり取りが中断してしまったといったレビューが投稿されていたりする。
コストを考えると、元々のハードウェア構造を見直すところまではしないだろうな。


せめてAndroidを搭載してくれていたら・・・。
そんな事を考えていたら、急に購入意欲が萎えてしまった。
相変わらず搭載しているCPUは少々非力なモノを搭載している上に、OSにもこれまた相変わらずなWindowsMobileを搭載している。
ま、この手のデバイスはケチを付け出したらキリがないモノだとは思うものの、な~んかちょっと、docomo回線仕様版のHybridW-ZERO3を見た時の使い手側に対する思慮が足りていないという感触が拭えない。
きっと、不具合点を改善といっても、ソフト面での話だと思うしね。

誰かの人柱となったレビューを見てから、購入を検討しようと思った独男なのであった。
 
 
 
 
 
 
HybridW-ZERO3 = Hybrid W-ZERO3  
 
 
 
 
 
p.s.
と、午後の休憩時間にマッハの速度でブログを叩き込んでいる最中、携帯に佐川急便のドライバーから着信が入った。
-なんじゃろか?
と思いつつ携帯に出てみると、「代引のお荷物を預かってますー。代金は6,400円になりますが、今日お持ちしてもよろしいでしょうか!?」と、伝えてきた。
代引きの商品なんて買ってないけど、どっから?と聞き返すと、UQ WiMAXからの荷物とのこと。
-は??

ちょっと待っててね!と伝え、総務部にダッシュ。
総務部長に確認してみると、K専務の鶴の一声でおいらの自宅にUQ WiMAXのモバイル接続サービスの導入が急遽、決まって手配してくれたらしい。
てゆ~か、導入費用やら月々の接続料金は会社が負担してくれるとK専務から聞きましたが、代引き配送の接続機器を宅配業者がトラックに積んで今、まさに自宅に向けて疾走中らしいんですが・・・。
そんな事を伝えてみると、急に決まった話だったので費用は請求月の翌々月末においらの銀行口座に振込するから、その間は一時的に立替ておいてくれと、総務部長は答えた。うげっ。


ま、取敢えずは、自宅PCをネット接続出来る環境が揃いつつあるという事で、目出度し目出度し。
・・・なのであろうか??

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/157-de758c6f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。