--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽量コンパクト!USBメモリ上でサクサク使えるOpera10[Portable]

2010年10月11日 00:10

■軽量コンパクト!USBメモリ上でサクサク使えるOpera10[Portable]
10月9日(土曜)の深夜-正確には10日(日曜)の午前1時少し前の夜中。
USBメモリ:PicoDriveDual/GH-UFD16GD(以降、GH-UFD16GDと記載)をグ~リグリとPCに挿していたら、PCが「ボビン♪」とUSBデバイス接続認識時のWindowsサウンドを鳴らして突然の復活。
完全昇天したと思い込んでいただけに、喜び勇んで認識されたGH-UFD16GDから議事録等の大事なデータを抜き出しPCに移した。
そして陽電子のスピードで、朝イチにA専務に送る打合せ報告書を作成。
本当はこんなアッサリとした感じで認識されたのではなく、毎度の事件(小ネタ)のオンパレードを乗り越えて認識されたのだが、記事を8割方叩き込んだところでまさかのUQ WiMAXの電波途絶が発生して、下書き保存していなかった完成間近の力作記事は跡形も無く消え去った。
こんな環境、もうイヤなのヾ(o´・∀・)ノ ダー!! クソッタレ!!!

 
GH-UFD16GDからデータを抜き出す事が出来、無事に報告書も完成させる事が出来た。
ついでに予想外に早く報告書を片付ける事が出来たので、GH-UFD16GDを弄ってUSBメモリを便利に使うツールを紹介なんかを。
USBメモリを自宅以外で活用している方々はご存知かとは思うが、専用ツールをUSBメモリにインストールして使うことにより、ネカフェや職場のPCを自宅PC差ながらに安全に使う事が出来るようになる。
USBメモリ専用のブラウザやメーラーを使うことにより、キャッシュや履歴、パスやログインID情報等の痕跡をPCに残さずに使用出来るからである。
今回は、実際に自分が使っているツールについて簡単に説明します。


1.PortableStartMenu
USBメモリにインストールしたプログラムをランチャー起動するソフト。
また、USBメモリをPCに挿すと同時に自動起動し、取外す際には起動中のプログラムを停止して安全な取外しを行える。

20101010_bl_01
PortableStartMenuインストール済みのUSBメモリをPCに挿すと、自動起動が立ち上がる。
昨今のウィルスを観察していると、自動起動というのはちょっと問題があるかもね(笑。
またautorun.inf内に指定してやる事で、別に用意したUSBメモリアイコンを専用アイコンとして表示する事も可能。
 
 
 



20101010_bl_02
自動起動ダイアログの中からUsb-Menuを指定すると、タスクトレイにPortableStartMenuのアイコンが表示される。
 
 
 
 



20101010_bl_03_1
タスクトレイに表示されたPortableStartMenuのアイコンをクリックしてやると、プログラム管理兼ランチャーが表示される。
 
 
 
 



20101010_bl_04_1
ランチャーを拡大表示。
USBメモリにインストールしたプログラムをPortableStartMenuのランチャーに登録するには、ランチャー上段にある"Options"から登録する。
ナカシマ抹消事件後に、記憶セルに余裕を持たせるために保存していたデータとプログラムをゴッソリと削除した。
現在は、FirefoxPortableThunderbirdPortableとRecuva、そしてVisualAuctionが4ID分のみ。



20101010_bl_05
ダウンロードはaignes.com内から。
"PSM"からどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20101010_bl_06
こちらはPortableApps.comという、USBデバイス専用ソフトを専門に扱っているダウンロードサイト。
海外サイトで表示が英語のみだが、多岐のジャンルに渡ったPortable版ソフトウェアを揃えてくれている。
MozillaのFirefoxPortableThunderbirdPortableもこのサイトから楽に入手出来る。
アクセスは"PAC"からどうぞ。
 
 
 


下記サイトで、PortableStartMenuについて解り易く解説してくれているので、外出先でUSBメモリの使用を考えている方は参考にしてみると良い。
尚、調子に乗ってソフトをインストールし過ぎると、幾らPCのCPUパワーを借りているとはいえ所詮はUSBメモリ。
リード・ライトでいちいち待たされる事になるので気をつけましょう。

教えて君.net
 「ツール入りUSBメモリでネカフェのマシンをオレ専用化」
 ⇒ コチラから。


久し振りにアクセスしたPortableApps.comサイト内をウロついてみる。
FirefoxPortableThunderbirdPortableそれぞれのアップデート行い、PortableApps.netのトップページに戻ってみると、今回のアクセスの目玉となるソフトを見っけ!
どうやら、携帯用のminiやスマートフォン用のMobileだけでなく、OperaはUSBデバイス用のPortable版もリリースしているようだ。初めて知ったYO!
ちなみに別記事に記すつもりで画像をアップ済みなのであるが、つい最近になってOpera10MobileをWILLCOM03にインストールしたところ、9.5とは打って変った表示全般の美麗さと速くて軽いその挙動に最早、Operaにゾッコンになっていたところなのである。

20101010_bl_07
くおぉぉおおおおっ!! Opera10の文字を見つけてカルク喜びの雄叫びを上げたくなった。
 
 
 
 
 
 
 
 



20101010_bl_08
早速、ダウンロードページに移動してダウンロード&即座のインストールを実施。
 
 
 
 
 
 
 
 



20101010_bl_09
余りの軽さに感動しつつ当ブログサイトを表示させてみたら、"Flashを入れろ"というダイアログが表示された。
adobe Flashのダウンロードを終えて、これからインストールというタイミングで"競合ソフト(Opera)を終了させろ。競合ソフト終了と同時にインストールは自動で行われる"と書かれたダイアログが表示される。
しかし、Operaを終了させるとインストール先を見失うようでFlashのインストールが出来ない。で、Flach無しのままブログにアクセス。


20101010_bl_10
Flachに絡むブログパーツは一切表示されない(当たり前)が、それ以外の表示はチョー綺麗!アーンド、サクサク快適バカっ速いっ!!
Operaは9.5から10にバージョンを上げる際に、相当中身の見直しをかけたのであろうか?
WILLCOM03にインストールしたMobile版も以前の9.5のようにやたらハングする事無く、サクサク快調に動いてくれる。
兎に角、素晴しい!グッジョッ!Opera!


20101010_bl_11
Mobile版もそうだけど、UIからして良くなったOpera10。
某PC週刊誌が行った、MicrosoftのInternetExplorer9BetaやFirefox、GoogleChrome、Safariとの比較テストの評価では、Operaは可もなく不可もなく特徴が見当たらないような評価だったが、個人的にはPC版を入れて使ってみたいと考えている。
 



20101010_bl_12
UIが綺麗になったと先にも記したが、UIに次いで良くなったのがFontじゃなかろうか?
古くからのOperaファンが、wikiの中で"Operaのフォントはふぉんとにもー!"と、駄洒落を絡めて不満を挙げていたが、このフォント結構良いような気がする。
Fontの間隔も広がり過ぎていないし、ね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


USBメモリで使用してきたブラウザはGoogleChromePortable版FirefoxPortableだったが、これからはOperaPortableだけで快適に過ごせそうである。
GoogleChromePortable版でサイトを3つほどタブ展開すると、そこから先はリード・ライトで待たされて嫌になってしまった。ハングしたのか待たされてるのかわかんないような感じだったし。
FirefoxPortableは、USBメモリにインストールして使っている方が多いブラウザだが、起動で待たされタブ展開による複数サイトアクセスで待たされて苛々しながら使用してきた。
GoogleChromePortable版より良い点が目立っていたからで、カスタマイズ性の高さと安全性、それと自動アップデート機能が便利で何となく我慢しながら使い続けてきた。

しかし!Opera10Portableは、"待たされる"事がまず殆ど無い。
初回起動時に若干モタつくが、後は速いし軽いし本当にサクサクという言葉が当てはまる。
タブを10枚ほど展開してのサイトアクセスでも、GoogleChromePortable版FirefoxPortableの様にリード・ライトで待たされ事無く、展開したサイトの幾つかでログインやOpera10Portableの設定変更を平行して行ってみたけど軽い軽い。
アップした参考画像ではメニューが英語表示のままだが、Opera10Portableはマルチランゲージに対応しているので日本語表示への切替も楽である。
USBメモリにインストールして使うブラウザとして今、一番お勧めできるのがOpera10Portableだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/165-5310c0fb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。