--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーのWebブラウザの個人的使用感をチョット比較してみた

2010年10月12日 23:33

■フリーのWebブラウザの個人的使用感をチョット比較してみた
10月11日(月曜)の午前11時に少し前。
11時からネット勉強会の講師を担当してくれているK専務が、コンビニのトイレに財布を流してしまったとかで遅れると連絡が入った。
11時から以降の勉強会のスケジュールは全て13時から以降にズレて、突然ポッカリと2時間程の空き時間が出来た。
そこでここ数日変に凝っているWebブラウザについて、PC用のフリーウェア4種類をPCにインストールして使用感等について比較してみる事にした。
あくまで、おいらの個人的な主観に於いての使用感を比較するだけなので、当記事を目にした方のシステムでも同様の使用感になるとは限らない事だけお断りしておきます。
 
 
今回の個人的使用感比較の候補に挙げたブラウザは以下の4種類で、全てフリーウェア。
20101011_blog_01
 
  
1.Opera10
 Mobile版とPortable版の出来の良さから今回、一番期待しているブラウザ。
 レンダリングエンジンは独自開発(Presto)エンジンを搭載。
 第3のブラウザと呼ばれて特に昨年後半の9.5から高い評価を受けるようになったが、その割には
 シェアが伸びていない。
 この10からUIと実行速度が更に見直されたようで、Mobile及びPortable版は廃スペスマフォの
 WILLCOM03やUSBメモリ上から起動をかけてもサクサク動く。
 入手はコチラ ⇒ OPERA software

2.Mozilla Firefox3
 Portable版は重くて進んで使おうとは思えないが、最近アップデートされたPC版はどうか?
 レンダリングエンジンにGeckoを搭載し、IEのみにターゲットが絞られたサイトの表示には不向き。
 マウスジェスチャーや大量にリリースされているadd-onによって細かなカスタマイズが可能。
 世界シェアはIEに次ぐ2位の位置につけている。
 入手はコチラ ⇒ mozilla japan

3.Google Chrome
 2008年にリリースされた正式版は確かに速かったが、複数のWebをタブ展開で開くとPCスペックに
 寄りかかるような仕草を見せてモタついて、ユーザーからのアクションに即座に答える事が出来ていな
 かったような記憶がある。
 レンダリングエンジンにapple製ブラウザ:SafariのWebKitを搭載しているのでFirefox同様、IE
 に特化したサイトの表示は厳しい。
 しかしGoogleのパワーは凄く、ヴァージョンを上げるに従ってChromeの軽量化、高速化、セキュリ
 ティーの確かさ、add-onによる多機能化を図ってきて、Operaのシェアを抜いてしまった。
 入手はコチラ ⇒ Google Chrome ダウンロードページ

4.Lunascape6_ORION
 1年と少しくらい前に某PC週刊誌が行ったブラウザ比較の評価では、カスタマイズ性やツボを押えた
 機能等は褒められていたが、モッサリとした重い動作が全てを台無しにしていると、なかなか厳しい
 評価であった。
 日本製ブラウザで、レンダリングエンジンに①IEが搭載しているTrident,②FirefoxのGecko
 ③更にSafariのWebKitと、3つのエンジンを搭載し、表示サイトに合わせたエンジンの自動切替
 えによって、殆ど全てのサイトに対応・表示が可能である。
 またadd-onによる機能拡張やカスタマイズが、割りと容易に出来るブラウザらしい。
 そんな世界に類を見ない、日本製ブラウザの使用感はどんなものなのか?結構、期待してる。
 入手はコチラ ⇒ LUNASCAPE


20101011_blog_02
 
本当は今回の使用感比較の中にIE9beta版も加えたかった。
残念ながらXPには対応しておらず(画像参照)、なんてこったい!かなりガッカリ。
つい最近、某PC週刊誌に次世代ブラウザ比較テスト記事が掲載されていたが、IE9beta版はChromeやFirefoxを引き離して一番の高評価をもらっていたのだ。
ああ、是非、使ってみたかった。
日本製でTridentGeckoの2つのレンダリングエンジンを搭載する、Sleipnirも試してみたかったような。


今回、各ブラウザにプラグインやadd-onを追加しない素の状態での使用感を確認する。
また表示(レンダリング)速度の比較は、1つのサイトを表示したらその直後に逐一、一時ファイル・Cookie・履歴・フォームデータ・ブックマーク登録サイトのデータ等の削除を行うことにする。
今回の比較に引っ張り出したブラウザは、どれも他のブラウザからのデータインポート機能を有しているのでIE8に登録してあるブックマークをインポートして、ブックマークからサイトを表示させて比較する事にした。
尚、ブックマークに登録してあるファビコンは比較に使用するブラウザ側で事前に削除し、表示速度については10回行った平均値を記載。



1.Opera10
20101011_blog_04
まずは期待のOpera10
ランチャーからOpera10の起動完了までが6秒、ブックマークからGoogleの表示完了までが7秒。

下は小洒落たUIの1つ、Speed Dial。
"+"マークをクリックしてタブを追加すると、Speed Dialが表示される。
データを取った後で調子に乗って、サイトを幾つも登録してしまった(笑。

Googleホームページの表示時間測定を終える度、gooスピードテストでUQ_WiMAXの接続速度も計測。
平均1.89mbpsだった。
 
 
 
 
 
 
 
 



20101011_blog_05
当ブログの完全表示までに要した時間は、平均26秒。
javaにFlash、大量バナーに10ページほど記事を表示しているので、おいらのブログサイトは甚だ迷惑と言われるくらい重いんだよね(汗。

下は表示が崩れている箇所を発見の図。
スタイルシートで左右にスペースを確保しセンターに揃えているだけなのに、なんで左寄せ?

gooスピードテストによるUQ_WiMAXの接続速度の平均は、1.74mbps。
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20101011_blog_06
一通り確認してみたところ、表示が崩れていたのは↑のリンク・サイト・バナープラグイン表示のみだった。
先日の記事の表示も確認。特に異常なし。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20101011_blog_07
ブックマークからYouTubeへの移動と完全表示に要した時間は、平均4秒。
YouTube動画の再生は問題なし。

またUQ_WiMAXの接続速度は平均1.72mbps。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20101011_blog_08
Opera10の締め括りはスキン(テーマ)変更(笑。
無料でOpera Softwareサイトからダウンロード出来るが、出来の良いスキンは大抵がエアロ対応スキン。
VISTAと7向けってコトなのか?
おいらが使っているXPカスタマイズツールにもエアロ機能が付属しているが、やたらマシンスペックを喰ってくれるので使用してません。
 




2.Mozilla Firefox3
20101011_blog_09
お次はMozillaのFirefox3
IEにクリソツなインターフェイスですな。
OrchisLauncherに登録し、そこからの起動に平均26秒、IEからブックマークを吸い込んでのGoogle表示に平均6秒。

UQ_WiMAXの接続速度の平均は、地味に上がって1.88mbps。
 
 



20101011_blog_10
世の中に不穏な空気を撒き散らすかのように重い当ブログサイトの表示には、毎回120秒オーバーでお口あんぐりに。
毎回"更新(再読込)"をしてやらないと、サイト情報の読込と完全表示出来ず。
なんでそんなに時間を要するのかと思ったら、毎回Java.scriptの読込とサイトへのデータ受渡に時間を要してたよ。
Cookieやら履歴を残した状態だと、平均32秒。

UQ_WiMAXの接続速度は、またまた地味に上がって平均1.91mbps。

下:そして表示不具合箇所は無いかと探してみると、Firefox3Opera10同様にリンク・サイト・バナープラグインの表示がおかしくなっていた。
なんで?
 
 
 
 



20101011_blog_11
Firefox3も記事内容には表示不具合箇所は見当たらず。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20101011_blog_12
ブックマークからYoutubeを表示させると、当ブログサイト表示の時と同様に、何かのデータ送信に手間取って毎回の平均値が120秒オーバー。
そして痺れを切らして"更新"をぽっちりしてやった再読込表示の平均は29秒。

UQ_WiMAXの平均接続速度は、またまた地味に上がって1.98mbps。

追加add-onなんて1つも入れていない素の状態なのに、これでは先が思いやられる。
FirefoxからGoogle Chromeへ乗換するユーザーが多いと言う話もよくわかる。
 
 
 
 
 
 
 
 



20101011_blog_13
スキンを変えたの図。
Firefoxには、①上:募金-カンパウェア仕様で配布しているスキンと、②下:Personaというフリーのスキンの、2種類のダウンロードと使用が可能。
どちらの種類のスキンを選択しても、IEモドキの様なFirefoxの外観をガラッとカッコ良くお洒落に変えてくれる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




3.Google Chrome
20101011_blog_14
お次はGoogle Chrome。
最初の正式版の様な事はないと思うが、個人的にインターフェイスもあまり好きじゃないんだよね、Chromeちゃん。
OrchisLauncherからの起動完了までの平均値が1秒!
ブックマークからGoogoleホームページの完全表示までの平均値も、これまた1秒!! 速すっ!!!
ちなみにUQ_WiMAXの平均接続速度はガタッと落ちて1.678mbpsだった。




20101011_blog_15
ブックマークから当ブログサイト完全表示に要した時間は、平均28秒。
Cookieや履歴を残した状態で測定すると、平均5秒!速っ!!

UQ_WiMAXの転送速度は平均で1.85mbpsと地味にアップしていた。

また、表示不具合箇所は2箇所発見。
1つは2つのFC2カウンター下にアンダーラインが付加されて、残りの1つはやっぱりリンク・サイト・バナープラグインの表示がおかしくなっている。

当ブログがお借りしているテンプレの作者さんは、MACユーザー=MACでテンプレを作成されてたので、レンダリングエンジン"WebKit"でも綺麗に表示されるだろうと期待していたのだが、結果はGecko搭載のFirefoxと独自エンジン"Presto"搭載のOpera10より表示不具合が1箇所多くなった。
 



20101011_blog_16
記事内には表示不具合箇所は見当たらず。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20101011_blog_17
ブックマークからYoutubeにアクセス・完全表示までに要した時間は、平均3秒!
cookieや履歴を残して測定すると、平均1秒ちょいw 速過ぐるww

UQ_WiMAXの接続速度は平均1.791mbps。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20101011_blog_18
スキンを変更してみたの図。
Opera10とFirefox3とは違って、速度命なGoogle Chromeは徹底的に無駄を省きたいようで、インストールして所持出来るスキンは1種類のみ。
また、スキンが反映されるエリアも狭く、気休め的な感じが漂うw
 
 
 
 




4.Lunascape6_ORION
20101011_blog_19
最後に、今までに1度も使った経験の無いLunascape6_ORION
お洒落だがappleのSafari感が漂うインターフェイスのLunascape6_ORION
OrchisLauncherから起動完了までに要した時間は平均5秒、ブックマークからGoogleホームページ表示に要した時間は平均6秒。
UQ_WiMAXの接続速度は1.67mbps。



20101011_blog_20
今回の使用感比較には関係ないけど、Lunascape6_ORIONのインストール作業中に、Lunascape6_ORIONのポータブル版の存在に気がついた。
これは、USBメモリにインストールしなければなるまい!
  
 



20101011_blog_21
ブックマークから当ブログサイトの完全表示に要した時間は平均16秒。え?速いじゃん!?

UQ_WiMAXの接続速度は平均1.72mbps。

下:流石、IEと同じレンダリングエンジン"Trident"も搭載しているだけあって、表示はIEで眺めた時と同じ状態で表示されて、不具合箇所は1箇所も無かった。

て、何気にLunascape6_ORION凄いじゃん。
IE8を急遽起動して当ブログサイトの表示時間を測定してみたが平均34秒と、Lunascape6_ORIONはTrident搭載のオリジナルブラウザ:IE8を抜く好成績。
エンジンをGeckoに切替えて測定してみると、Firefox3の測定値なんてあっという間に抜き去るほどの出来の良さ。ま、Firefox3が酷過ぎるんだけどね。
でもFirefoxもcookieやら履歴保存で起動すると、普通に使えたりする。


20101011_blog_22
当然の事ながら、Trident搭載のLunascope6_ORIONは記事の内容にも表示不具合箇所はナッシング!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20101011_blog_23
ブックマークからのYoutubeにアクセスからの完全表示は平均4秒。

UQ_WiMAXの接続速度は平均1.71mbps。

レンダリングエンジンを3つ搭載して表示も速いし、これは・・・IE8を使うのやめる事にしたwww
もう戻れないよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



20101011_blog_24
最後に、Lunascape6_ORIONのスキンを変えてみたの図。
Lunascape6_ORIONは、ダウンロードしてインストールしたスキンを全て保存しておく事が可能。
但し、スキンのダウンロード・フォーラムへの参加・サポートを受けるためには、Luna-IDに登録する必要アリ。
おいらはスキンに吊られてサクッとLuna-IDに登録したけど、でもね、スキンのデザインはイマイチかもw




種類のブラウザの使用感を比較した結果、個人的にはLunascape6_ORIONを推す。
たまたまだったのかも知れないが、現在メインブラウザと使用していて何ら不具合は出てこないし速度も相変わらず快適レベルを維持してくれてるし。
唯一残念なのが、UI(スキン等)のデザインがいまひとつな点かな。
Opera10までとは言わないけれど、あのレベル近くまで美麗・お洒落であったらば、他のブラウザから乗換えてユーザーとなってくれる人が多数出てくるはず、と思う。
だってさ、Google Chromeと同じ土俵に上がれそうな速度が出て、Google Chromeにはないスキンも含めたトータル的なカスタマイズが可能なのである。

残った3本は、まとめて次点かな。
確かにGoogle Chromeは速いが、UIがね、個人的に使っていて楽しいと感じる事は少ないように思われる。
IEに特化した=レンダリングエンジン:Tridentしか考えていないサイトの表示では、必ず部分的に崩れて表示されるだろうし。
速さだけでは魅力に乏しいような気がするんだけど、シェアは伸びているんだよね。

Opera10は本当にUIが凄いと言うか面白いし、オプションスキンの出来も凄いのが多い。
今回の比較に使用したブラウザの中では、ダントツでお洒落さん。
速度も速くなったがYoutubeにアクセスした時、動画タイトルが2行重なった状態で表示されたり動画サムネイルの配置がおかしかった事が、それぞれ数回あった。
オリジナルエンジンのPrestoの熟成が、まだちょっと足りていないかな。

Firefox3は昔から中身が変わっていないのか?
cookie等のインターネットオプション設定を全て"保存する"にしないと、常用に堪えれないほどの遅さ。
そこにadd-onをどんどんと詰め込んでいくと、折角インターネットオプション設定で動作を速める工夫をしていたとしても、結果は見えている。
それでも、Firefox無印の頃よりかスキンやUIにカッコいいスキンやお洒落なボタン等が多数配布されていて、そのカスタマイズ機能からも見てくれ的にはとても良くはなっている、よね?


今回は、あくまで個人的主観で使用感の比較をしてみた。
先にも書いたが、故に当記事を目にしてブラウザソフトをインストールしてみたけどサッパリだよ!みたいな事になるかも知れないし、ブラウザの速度は使用環境にも左右されるという事も頭に入れておいて下さい。
それともっと具体的で数値的な各ブラウザの比較記事は、ネットで検索かければ直ぐに出てくると思います。
また時間が空いたら、SleipnirやSafariにその他のブラウザなんかも比較してみたいと考えているので、興味をお持ちのお暇な方は、また是非1読頂けたらと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/166-581d08fd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。