--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発狂?暴れん坊将軍化のG7

2010年12月06日 18:52

■ひょんなコトでノートPCの必要性がなくなった
先月末近くのある日の真夜中、総務のエライさんから自宅据付電話に着信が入った。
時計に目をやると午前1時過ぎ。
こんな真夜中にわざわざ電話を入れてくるなんて、まさかのクビちょんぱか?
腰が砕けそうになりながらエライさんの言葉に耳を傾けると、ウチの親父がおいらの勤め先の代表番号を鳴らし、雇ってくれとか何とか連日しつっこく頼み込んできて困ってるんだよという話だった(!)。
そうでなくても、自宅建替えの開始から親父のテキトーなスケジューリングに、おいらだけじゃなくおいらの勤め先の上司から部下までブンブン振り回されて、N専務やW専務から「君の親父さんてどんな人なの?」と怪訝そうな表情でブツブツ言われているところだというのに(汗。
 
 
そんな話を他部署のエライさんから聞かされて、まさに顔から火が出る思い。
ついでに、そんなこちらの自宅環境はよろしくなさそうだということで、先月末くらいにコメントの返事に記したとおり、出社しての講習受講を命ぜられた。
キッカケは人生最大の汚点とも言えなくはないが、何はともあれ「わっしょい♪」な感じ。
自宅で受講中に頻繁に断線するUQ_WiMAXに泣かされることなく、これで何とか昇進試験講習に集中出来そうである。
ま、出社したらしたで、何かと業務に追い回されそうな悪寒がしなくもないが、それでおいらの昇進に何か支障を来した場合はそれはそれで言い訳が立つ。のか?



■親父の魔の手は止まらない
出社しての講習受講の3日目を終えた11月末のある日。
講師役のW専務と二人きりの缶詰状態から開放されて、23時過ぎにふらふらと帰宅し玄関のドアを開けると同時に、親父が右手を庇う様な仕草をしながらおいらの寝床部屋から飛び出してきた。
カルク胸騒ぎを感じて何をしていたのか尋ねてみると、「おまえが年賀状の印刷をしてくれないから自分でやろうとプリンターを探していた」との返事が。
3日くらい前の日中に、押入れの奥からプリンターを引きずり出してたろうが?
そうツッコミをいれると、親父は鼻歌を口ずさみなが隣の部屋へと消えていった。

そもそも、年賀状の住所録データを消したからだろ?
去年の夏に勝手にPC弄ってHDD毎年賀状の住所録もトバして消し去ったのは自分だろうが!
親父の態度に苛ついて背後からそう文句を言ってみたが、聞こえないフリするんじゃねえええっ!!
OSをクリーンインストした直後にそんな事やらかしてくれて、加えて謝りもしない人間のデータなんか、誰が代打ちするか!
こちとら重要な会社の資料まで消し飛んだんだぞ!会社から減給喰らったその金とデータ返せやっっ!!!
ひとっ風呂浴びて苛々を多少解消したところで、久しぶりにブログ記事の叩き込みにトライするかとPCをスイッチ・オン!したら、「カ・カ・カ・カ・カ・バキッ!」という異音が部屋に響き渡った。


えー??なんぞ?何が起きた!?
あわててPCの電源を落としなおしてPCケース/VK60001W2Zのフロントドアを開けると、5インチベイサイズのメッシュ目隠しパネルが1枚ともう1つ、黒いファン・ブレードらしき物が落ちてきた。
20101201_bl_01
な、なぜ?埃の付着の様子からもケース・ファンのブレードのような気が汁・・・(汗


メッシュ目隠しパネルを数枚外して、フロント・ファンの様子を伺う。
ファン固定用のファン・ボックはちゃんと固定されてるし異常は無いように見えるが、な~んか、違和感が・・・。
20101201_bl_02
パッと見た目、何も異常が無いように見えるけども?



違和感が気になって、ファン・ボックスをケースから外してファンを確認すると・・・。
ブレード1枚折れてるじゃんっ!なんでーーー???
20101201_bl_03
ぬおおおお?なぜ勝手に折れるんだ!? どーでもいいけど汚いねW


改造目的で購入したVK60001W2Zやら予備のファンは屋外の倉庫の奥に放り込んである。
倉庫の中正面の出入り口には親父が捨てずに持ち込んだ36インチのブラウン管TVが鎮座していて、倉庫の奥にしまい込んである品々は持ち出せそうに無い。
PCの電源を入れてみると、ブレード1枚欠損による異音やら不快な振動は感じられない。
てことで、ファンの交換は建替えが終わってからにすることにしてFC2ブログにアクセスしてみたが、UQ_WiMAX君は今夜も機嫌が悪く断線してばかりなので、この日もブログ更新を諦めて就寝。


翌日の早朝。
朝食の前に何の気なしにPCを立ち上げて、フト気になってCatalyst Control Centerのイベント情報を開いて見てみた。
ら、昨日、おいらが出社して家を空けている時間帯に、なぜだか色んなソフトが起動していた事が判明(!)。
朝食ついでにキッチンに入って親父に目をやると、右手の人差し指に絆創膏を巻いている。
その指どうした?とは聞かずに、いきなりPC勝手に起動して弄ったろ?と親父に問いかけてみると、おいらと顔を合わせないようにしながら「あんなところに高速回転するファンを付けておいたら危ないだろうが!」と、頭がおかしいんじゃないかと思えるような逆ギレを炸裂させた。

が、お袋が物凄い勢いで親父を叱って一件落着。
VK60001W2Zのフロントドアを開けたらスーッと空気が吸い込まれていくのを感じて、どうなっているのか仕組みを知ろうと目隠しパネルを外して指を突っ込んだとか(爆。
とゆーか、一件落着つーか、なんか、情けない。
一言あって然るべきなのに、お袋に叱られても謝りもしない。あー、胃が痛い。



■発狂?暴れん坊将軍化のG7
ところでおいらは、Logitech(日本法人Logicool)のG7という無線レーザーマウスを愛用している。
古くからFPSを愛している人には抵抗があるかも知れないが、それまでの無線マウスとはモノが違うというか、まずは無線なのにカーソル反応の遅延が無く、Logitechが「ゲーミングマウス」と唄うだけあって読取解像度の細かな設定が可能なのと、付属ソフトのSetPointを使えばボタンへの機能割付けも可能と、発売開始直後の4Gamerのレビューを読んで即、購入した。
2005年の11月に購入、使用を開始したので、使用暦が6年目に突入したところである。

しかし良いところばかりではなく、不満点もある。
一番の不満点はSetPointが、かな~りクソな点。
SFからA.V.Aに至る殆ど全てのフリーFPSの不正防止ソフトが、SetPointをチートツールと判断するからなのかマウスが効かなくなるのである。
戦場に突入すると同時にただ棒立ちしている自分のキャラを、どんだけ呆然と眺めたことか。
おまけに割付設定も1度PCの電源を落とすと初期化されて、次回のPC起動時にいちいち再設定してやら無ければならない。


で、SetPointの使用は断念して、OS標準ドライバのみで使用する羽目に。
折角の高機能マウスなのに、それでは意味がないじゃ~ん!
たまたま自分の環境だけがそうだったのかも知れないが、パーツ構成を変えてもセキュリティーソフトを変えても、改善はされなかった。
ついでに使用開始から1ヶ月が過ぎた頃から、左クリックの調子が悪くなりだした。
クリックが効かなかったり連続クリック状態になったりと、埃が詰まって調子を崩したのだろうと考えつつも、そのまま使用を継続していた。
身長に合わせて手もそれなりの大きさのおいらにとって、G7の大きさと重量だけでも使い心地が良かったからである。

20101201_bl_04
G7本体と付属充電池。FPSを10時間程プレイすると、予備も含めてあっという間に電池切れを起こす。
ま、普通、いい大人が10時間もゲームプレイする事は無いけどね。おいらはあったけどw



しかし、ついにG7に年貢の納め時がやってきた。
親父が朝食時に逆ギレをカマしてくれたその日の晩、講習を終えて0時過ぎに帰宅しPCを立ち上げてみると、この日の晩はUQ_WiMAXの電波の状態が良くて、Gmailチェックやらオークションサイトで出物を1時間ほど物色したりしていた。
価格比較サイトを開こうとしたら突然、PCの挙動が激しく重くなり固まった。
PCが固まるなんて、通常時ではン年振りの出来事だ。
なんだろうと液晶に目を凝らすと、ChromePlusのタブが20くらい開いていて、更に次々とタブを開こうとしてリソースが不足し固まった模様。

PCの再起動をかけながら、勝手にタブが開いていくってどうしたことか?と考えた。
考えつつもYahoo!Japanにアクセスすると、マウスホイールの回転ではなくカーソルの位置を追いかけるようにWebサイトが上下動している。
あれ?と驚きつつ再び目を凝らすと、サイト上にホイール押下げでon/offする追従機能というのであろうか、そんな機能が勝手にonになってカーソルの動きに合わせて表示が上下動していた。
んで、何かのタイミングでbookmarkフォルダを開くと、フォルダを開かずに登録してあるbookmark全てをタブ表示してしまうようである。


20101201_bl_05
この手の機能ってあんま使わないからさ、驚いたと同時に自分が1つ物知りになったような錯覚がWWW



しかしホイールを押下げたりしていないのに、普段使わない機能が勝手に機能するのは鬱陶しい。
G7の本体裏側にある電源スイッチを切ってマウスホイールをクルクル回していたら、ポコンとホイールがめり込んでしまった-押下げっ放し状態となってしまった。
試しにG7の電源を入れてみると、追従機能のアイコンがマッハの速度で点滅を繰り返し、更にマウスカーソルがあっちっこっちに瞬間移動を繰り返しし始めた。
-やばしっ!
最近、再び左クリックの調子が思わしくなかった事もあって、分解修理を試みた。

20101201_bl_06
本体ボディーの上下を固定する螺子穴は矢印で示した4箇所。
パッドやシール部の上から指を押し当てて、穴がありそうな箇所全てをブチ抜いてみたの図w


20101201_bl_07
螺子4本を抜くとパカンと簡単に上下に外れる。
あ、充電池は作業前に抜いておくのを忘れずに。
もっと汚い状況を想像していたが、それ程でもなかった内部。


20101201_bl_08
マウスホイールは上下動する支点部から外れていたので填め込み直した。
尚、矢印部の黒い箱は、よくあるOMRON製のスイッチボックス。
上部ボディーからクリックプレートを外してみたが汚れや埃は詰まっていなかった。
よって、左クリックの甘さはOMRON製スイッチの初期不良だった事が判明。
5年も使っておいて、初期不良もクソもないけどね・・・il||li _| ̄|○ il||li



内部やボディー側の各プレートを外しての掃除とホイールの嵌め直しを終えて組み戻す。
組み直した際にホイールの様子を確認してみると、以前はホイール押下げ時にもカチッとした反応が返ってきたのに、今は何の感触も無くただ上下動するのみ。
PCを起動してカーソルの動きを確認してみると、ホイールに触れただけで例の追従機能がonになったりoffになったりする。
カーソルの瞬間移動が治まらない上に、左クリックも相変わらず甘いまま。
この日の晩に突如発生しだしたカーソルの瞬間移動は、G7本体側の問題なのか、それともG7レシーバー側の問題なのか?
何れにしろ5年も使っていることだし、そろそろ買い替え時ってコトなんだろうな。


翌日、親子3人で重い空気を撒き散らしながらの朝食時。
「最近の工業製品はあれだな、どれも外観ばかりで中身の完成度が低いな。生産に当たっている連中も含めて、最近の若い連中、60代以下の連中は無責任で仕事も適当だな」
親父が毎度の世間の大半の人々を敵に回すような一言を吐いて、おいらはこめかみの上辺りをピクピクと引きつらせていた。
親父は更に言葉を続け、「いい加減な製品って、おまえのアレだのことだぞ!幾ら出して買ったのか知らんが、バカな買い物するなよ!」と言ってきた。

元女房の一族から犯罪者呼ばわりされてるヤツがエラソーに何言ってる?
一言返してから、"アレ"って一体何のことなのか聞いてみると、どうやらマウスの事らしい。
G7のどこがいい加減なのか更に聞いてみると、フロント・ファンに指を突っ込んだあの晩、途中まで使えていたG7が急に反応が無くなって、机に叩きつけてみたりしたが結局、反応がなくなったまま使えなくなったと、親父は答えた。
使ってる最中に赤色のLEDが点滅していなかったか更に付け加えて聞いてみると、チカチカしていたがそれが消えてG7の反応がなくなったと、親父は答えた。

またオマエか!
いい加減な製品じゃなくって、それはただ単に電池が切れただけぢゃっ!この耄碌ジジイっ!!
ホイールの取り付けがおかしくなったりカーソルが突然、飛ぶようになってどうしたことかと思いきや、机に叩きつければ普通は壊れない物も壊れて当たり前だろう・・・馬鹿じゃないの。。。
何か他にももっと文句を言いたかったけど、アホらしくなってやめた。
あーあ、胃が痛まない家に引っ越したい(涙。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/174-6553ede6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。