--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーミングマウスパッド SteelSeries QcK mini 63005 を購入

2010年12月14日 22:40

■ゲーミングマウスパッド SteelSeries QcK mini 63005 を購入
20101214_bl_01

 
マウスを新調したついでというか、故あって先日親父に破壊されて昇天したG7はパッド無しのPCデスクにダイレクト・オン(?)で使っていたのだが、PCデスク直ではやはり動作に甘さが出てイラつく事もあったので、新たにパッドも購入することにした。
レビューに目を通しながら価格比較サイトを物色して、安くてレビューにおける評価もチョベリグなSteelSeries QcK mini 63005(以下、QcK-miniと表記)を見つけた。

実は昇天したG7の購入の際、G7に対応していると幾つかのレビューに紹介されていたシリコンラバー製の、しかもやたらクソ高い(G7とそのパッドで¥17,000円近くもした)パッドも一緒に購入したのだが、これが全くの役立たずでカーソルが飛んで♪飛んで~♪・・・みたいな。
故にQcK-miniの様に安価で高性能=CP値グッドな、そんなパッドを探していたのだよ!と、空かさずポッチリさ♪
僻地の大いなる味方amazon先生にて税・送料込¥1,180円也。やっし~涙ちょちょぎれ!


12月13日(月曜)のまだ日が明けぬ早朝、スクランブル射出で放り出された群馬出張から一睡もせずに帰宅した本日14日の午前9時過ぎ。
amazon先生にコンビニ受取で注文しておいたQcK-miniを無事に受取って帰宅。
今日は出張明けの有休なんだよ~んと、早速、記念撮影したのが冒頭の1枚目の画像。
細長いブリスターパッケージにクルクルと丸めて封入されている模様。

20101214_bl_02
ブリスターパッケージ背面を破いて中身を取り出す。
QcK-mini本体、steelseriesカタログ及び撮影し損ねのsteelseriesシールが封入されている。
ここで嫌なヨカーンが軽く脳裏を過ぎる。


20101214_bl_03
QcK-miniは布製パッドだが、裏面は滑り止めのゴムシートになっている。
ピンボケでごめんね。なんせ一睡もせずに40時間も起きていて体内時計が狂いだし、頭の中もグルグルさ!
てか、ここで嫌なヨカーンがかなり具体的なイメージとなって頭の中で踊りだした。


20101214_bl_04
早速、PCデスクにセッティングしてみるとおおおおっっ!!!
嫌なヨカーンが具体的な画となりましたとさ之図。
miniと謳われた製品なのに、すんげーデカさ。特大パッドか?
キーボードのテンキー部が縦1列と半分が覆い隠されてしまったW


20101214_bl_05
セッティングの向きを変えたら何とか納まりました之図。
ハッキリ言ってオイラの用途の場合、キーボードのテンキーなんて要らんしな。
ここはひとつ、勢いに乗ってテンキーレスのコンパクトキーボードも買っちまうか?


20101214_bl_06
QcK-miniの上にG700をスタンバイさせてみた之図。
漆黒のマウスパッドに、これまたゴキブリ顔負けな黒ん坊マウスが載って、右手手元が黒々と・・・。
あぁ、ダークサイドに引き込まれてしまいそうなオイラ(?)。


ひと眠りする前に、毎度懐かしのX-OperationをプレイしてQcK-miniの使用感を確かめてみた。
いやー、これはなかなか良いではないか。
軽い滑り心地に止める時はちゃんと止まるし、ポイントの甘さは全く感じられない。
グッジョブ!steelseries!!。
僻地難民達の物欲煩悩を受止めてくれるamazon先生に5枚追加注文を入れると、体内時計の正常化を図るため布団へと潜り込んだ。



■寝てる間に進行していた事件
空きっ腹に耐えかねて、16時過ぎに飛び起きた。
キッチンを漁ってカップヌードルを手に入れると、啜りながら出張レポートを叩いておこうとPCを起動。
会社のレポート作成システムとChromePlusを立ち上げると、ChromePlusに表示されているWebページが忙しなく上下動を繰り返している。
今朝はそんな事は無かったのだが、どうやら指がマウスホイールに一瞬触れるだけでホイールが反応して、Webページの表示が上下動してしまっているようだ。

G7とシリコンラバー製マウスパッドを購入した時にも、似たような状況を目にした経験があった。
なので、G700の仕様とQcK-miniの仕様に合わないところがあったのだろうと、少々諦めつつも"またかよ"とがっかりするオイラ。
な~んで?どうしてこうLogicoolのレーザーマウスって、気難しいヤツばかりなのか。
レポートを叩く気力をすっかり失ってしまって、イタズラにホイールをクルクル回し続けて"ああ、鬱陶しい!"等と考えていた。


しかし、指とホイールの動きに合わせて忙しなく上下動を繰り返すWebページを眺めていて、傍と気が付いた。
ああ、気がついたさ!
G700購入報告を記した前回の記事の中で挙げた"悪い点"に、"ホイールの回転方向で動作音が違い、ブラウザ表示を下げる方向の回転音が安っぽ過ぎる"と記したが、今触っているG700はホイール回転時に何の動作音も感触も発しないのである。
つまり、ほんの半日の間、PCデスクの上に置きっぱなしにしている間にG700自身に何が起きたのかはわからないが、とどのつまり購入して手元に届いてから僅か10日足らずで早くも・・・

壊れやがったっ!

まーじーかーよー!?(泣。
G7昇天で代替えマウスを保有してないから慌てて購入したというのに、そのマウスが壊れてどうする!
ちょっと、ふざけるなよ!Logicool!!
というか、G7を分解した時にホイール部の構造がゲーミングマウスという割にはあまりにも華奢な作りで、壊れて当然だったのかもねと感じたのだが、まさか購入したてのG700のホイール部が早くも壊れるとは予想外!
また面倒臭い事にショップ初期不良対応期間を1~2日超えたタイミングで壊れてくれて、Logicoolのサポセン直でやり取りしなきゃならないじゃん。チッ。

取敢えず、Logicoolのサポセンに連絡を入れて修理若しくは交換対応を要求するつもりだが、ホイール部ばかり立て続けに壊れてくれて構造上の耐用性に不信感が拭えなくなってしまったので、Raser製のレーザーマウスか何かと頑丈そうなMicrosoft製のレーザーマウスの購入も一考する必要ありと感じた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/178-86ed855b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。