--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームロードを爆速化

2009年11月11日 05:55

Ramdiskでゲームのロードを爆速化
ゲームのロードを爆速化と綴ってますが、おいらの環境ではA.V.AメインでRamdiskを利用しています。
では、Ramdiskとは何か?
ソフトウェアレベルで言うところのRamdiskは、RAM(メインメモリ)の一部を開放してデバイスドライバ経由でアクセスを行い、ディスクドライブの様に利用出来るようにしたメモリー領域のことを言います。
ハードウェアレベルでは、フラッシュメモリーを複数枚利用して作成するフラッシュSSDや、RAMを複数枚搭載利用するドライブ装置(ACARD ANS-9010 等)があります。
一般的にソフトウェアレベルでRamdiskを構築する場合、フリーウェアGavotte Ramdiskを利用するか、IO DATAが有償で提供してくれているRamPhantom3を利用するのが、ハードウェアレベルのモノよりか遥かに費用が掛からずお手軽に利用出来ます。

おいらはIO DATAのRamPhantom3を購入し、Ramdiskを構築して利用してます。
なぜならGavotteRamdiskよりか手軽に利用できるからです。
GavotteRamdiskはwiki等で先人たちの知恵をお借りしながらRamdisk構築する必要がありますが、RamPhantom3はインストールしてからのステップが非常に簡単で少ない為、PCについて然程知識が無い方でも気軽にRamdiskを構築する事が可能だからです。


RamPhantom3でのRamdisk構築手順
まずはPCでRamdiskを利用できる環境にしておく必要があります。
システム管理領域内にRamdiskを構築する事も出来ますが、今回はシステムとゲームの両方を快適にするために、システム管理領域外にRamdiskを構築します。
尚、ゲームはA.V.Aをメインとして話を進めていきます。
XPを含む32bitOSで利用する場合、最高でシステム管理領域として3.2GB程度のRAM領域を認識し、A.V.Aは3.3GBほど容量を占有するので、Ramdiskのサイズは都合6.5GB以上の容量=RAMが必要となります。
故に、最低で1枚の容量が2GBのRAMを4枚、もしくは1枚の容量が4GBのRAMを2枚以上、PCに搭載する必要があります。

次に、IO DATAの直販サイトio PLAZAにアクセスし、RamPhantom3の販売ページに移動してソフトのみのダウンロード販売(2,480円)を利用するかCD-ROM版(1ライセンス/5,000円)、必要によっては複数ライセンス版を購入します。

1.RamPhantom3を入手したら、インストールします。
 特に難しい事は無く、そのまま"次へ"で進めていけばインストールが完了します。

2.PC再起動後、タスクトレイにRamPhantom3のアイコンがあるので右クリック
 から"状態"を開き、右下側にある"プロパティ(P)"をクリックします。
20090925_bl-rm3_01

20090925_bl-rm3_02

20090925_bl-rm3_03

3."全般タグ"の中の中段にある"使用メモリ"の中の項目から"OS管理外メモリ"
 にチェックを入れ、上段の"RAMディスク"の中の"ディスク容量"のスライダーを
 動かしてRamdiskの容量を指定します。
 注意!ディスク容量は最大まで容量を取らないこと。
      システムに不具合を引き起こす可能性があります。
      最悪の場合、折角用意したRAMを破損する可能性があります。

20090925_bl-rm3_04

20090925_bl-rm3_05

4.PCシャットダウン時のRamdiskドライブ内にあるデータのバックアップ先を指定し
 ます。
 今回は予め作成しておいた"RP-BU(ドライブレターH)"というドライブ内に
 "RamphantomBackup"というフォルダを用意し、そこをバックアップ先とします。
 "バックアップ"タグの中の中段にある"バックアップ先"の中の"参照"をクリック
 し、"RamphantomBackup"フォルダをバックアップ先に指定します。
 それと上段の"保存のタイミング"の中の"ログオフ時に自動で保存"にチェック
 を入れておきます。
20090925_bl-rm3_06

20090925_bl-rm3_07

5."インターネット一時ファイル"の中の項目には何もチェックを入れずに"OK"をク
 リックします。
 Ramdiskの容量を全てA.V.Aに割り当てる事でドライブに余裕を持たせ、イレギュ
 ラーな不具合の発生をなるべく回避し安定稼動させるためです。
20090925_bl-rm3_09

6.下記のメッセージが表示されますが、"はい(Y)"をクリックします。
 暫くすると、タスクトレイにあるRmaPhantom3のアイコンから"RAMディスクを作成
 しました"とバルーンが表示されれば設定は完了です。
20090925_bl-rm3_10


■RamdiskへのA.V.Aインストール方法
1.まずはPC上からA.V.Aを完全に削除しておきます。
 必ず削除してから次のステップへ進むように!

2.次にA.V.A公式サイトからプレイに使うIDでA.V.Aにログインします。
20090925_bl-rm3_11

3.ログインしたら"GAME START"をクリックします。
 A.V.Aのインストーラーが起動するので、"参照"をクリックして先ほど構築したRamdisk
 のドライブを指定して"OK"をクリックします。
 インストーラーのインストール先がRmadiskドライブであることを確認したら、"インス
 トール開始"をクリックします。
20090925_bl-rm3_12

20090925_bl-rm3_13

20090925_bl-rm3_14

20090925_bl-rm3_15

4.A.V.Aのインストールが始まります。
 インストールが完了すると同時にA.V.Aが起動し、プレイする事が可能となります。
20090925_bl-rm3_16

20090925_bl-rm3_17

5.完了。


■注意事項
新たにRAM(メモリ)を購入し入れ替える場合、または追加で容量を増やす場合、共に必ずRAMのメーカーと製品名(製品型番)は同じ物で揃える様にすること。
これは構築後のRamdiskの性能を安定させるために必要であり、特に不具合の発生を少しでも回避させるために必ず守ってください。
別メーカー製のRAMを追加したら認識すらしなかったとショップに言っても、最悪交換に応じて貰えず泣き寝入り、なんて事にもなり兼ねません。

次に、設定の説明にも記しましたが、Ramdiskに最大容量を割り当てない様にして下さい。
最大の容量を割り当てると、不具合が発生する事が多い(次項のご参考を参照)ようです。
最悪の場合、せっかく用意したRAMが破損する言った事も有り得るようです。

最後に、使用するPCの環境によっても不具合が発生しRamPhantom3が使えないという様な事もあるようです。
IO DATAの注意事項にもある通り、RamPhantom3を購入したからと言って必ずしも動作するという保障はありません。
興味のある方は、その辺も頭の片隅に入れておいてトライしてみて下さい。


■ご参考
今回、Corsair製のTWIN2X4096-6400C4DHX(レイテンシCL4-4-4-12)というOC-RAMを使用してRamdiskを構築しましたが、最初に使用したG.Skill製F2-6400CL4D-4GBPI-Bという同レイテンシの通常RAMでの構築時(7月17日の記事)よりか、若干リード・ライト速度が遅いのが気になります。
20090925_bl-rm3_18

また、A.V.Aプレイ時のサクサク感も少ない様に感じます。
これはマザボ(asus P5Q Deluxe)のせいなのかCorsairのRAMのせいなのか、はたまたA.V.Aのメンテのせいなのかは不明ですが、G.SkillのRAMに戻しておけば良かったかな~・・・と言うのがおいらの感想です。

それとGavotte RamDiskとRamPhantom3について、価格.comのクチコミに面白いクチコミ記事が上がっていたので紹介します。
GabotteRamdiskとRamPhantom3の比較
同じPC環境上での比較ですが、ランダムリード/ライトの4kb時のスピードが1桁違います。

他に、今回の記事作成で参考にしたブログ等を紹介しておきます。
RamPhantom3導入時には是非、参考にしてください。
コモノ堂/無駄になっているメモリを活用
デジタル好きの混沌PC生活/RamPhantom3を購入レビュー
桜PCの役立つパソコン情報/RamPhantom3の使い方
らいっちのPC奮闘記/RamPhantom3の不具合
Automatic/RamPhantom3の不具合?
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/56-48de3259
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。