--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMD/ATiグラフィックドライバーアップデート手順 その1

2010年06月11日 19:30

■AMD/ATiグラフィックドライバーアップデート手順 その1
術後に帰省した際、自宅PCのVGA-HD5870のドライバーをアップデートしました。その時、AMDから提供されているコンポーネント(ソフト、今回の場合はドライバーソフト)がそれまでの単なるインストーラーではなく、インストールマネージャーというコンポーネント一式のインスト・アンインスト管理が可能な簡易(かな?)パッケージに変わった事を知りました。
多忙だった事もあり、特にブログ記事にしようとは考えてもいませんでしたが、ブログのアクセス解析を見ていたところ今年2月くらいから自分の古い記事「AMD(ATi)系グラフィックドライバー最新版インストール手順」へのアクセスがやたら増えている事がわかったので、改訂版という位置付けで新たに記事を起こす事にしました。
 
 
■その1ダウンロード編のその前に
その1の今回は、ドライバーソフト/コンポーネント一式のダウンロード編です。取敢えず、自作超初心者の方やショップブランドPC所有者の中の同じく超初心者の方々にもバカチョン式でアップデートに臨める様、満載の画像に何もかもを押し付けるカタチで進めて行きます。それとアップデート作業の前準備として、ドライバーソフトの残骸お掃除ソフト(Driver Cleaner Proffesional 1.5もしくはGuru3D Driver Sweeper)を予めインストールしておいて下さい。

尚、現在まだまだ先の見えない長期出張中につき、ハードウェアに絡むところは出張先の自社事務所のPCを例に話を進めます。事務所PCのスペックは以下の通りです。
=事務所PCスペック=
・CPU:Intel Core2 Quad Q9550s
・CPU Cooler:Scythe MUGEN02
・RAM:Patriot Memory PVS24G8500ELKR2(PC2-8500 2GB×2)×2
・M/B:ASUS P5Q PREMIUM
・VGA:ASUS EAH3850X2/HTDI/1G(RADEON HD3850X2)
・HDD:Western Dijital WD5000AAKS-00V1A0(500GB)×4(RAID0)
・OPT:IO DATA BRD-SM4B
・PSU:Corsair CMPSU-750HXJP(80PLUS-Silver 750W)
・Chassis:NZXT Tempest
・OS:Microsoft Windows XP Professional SP3 32bit


また以降の説明も含め、「ここが違う」や「説明通りにやったけど不具合が出た」等のご意見・ご指摘等がありましたら、コメント欄からその旨一報頂ければと思います。但し不具合に関しては、こちらで同じ環境(システム)を用意しての確認が出来ない為、そのご報告を"例"として保存するのみに留まります。ま、ドライバーソフトそのものに何かある場合もある訳ですし、その点、ご了承願います。
今回の記事に直接関係ありませんが、暫くの間"WebページをMATRIX風に表示する"JavaScriptコードも外して公開します。



■その1ダウンロード編
まずはAMDのドライバーソフトダウンロード選択ページにアクセスします。
AMD Graphics Drivers & Software
20100610_bl-ATId-dll_01
アクセスするとこのページが開きます。
step1はどんなシステム用(デスクトップなのかノート用なのか、ね。)のVGA(RADEON)なのかを指定。
step2がRADEONのどのファミリーなのかを指定。
step3でRADEONのプロダクトタイプを指定。
step4で使用しているシステムのOSを指定する。
step5でダウンロードするドライバーの種類を決定します。



それでは、事務所PCのスペックを例に説明していきます。実際に作業をする時は、ご自身のPCスペックを元に各step項目を指定して下さい。まかり間違ってもこちらのスペッk・・・(rya
20100610_bl-ATId-dll_02
まずはstep1。


20100610_bl-ATId-dll_03
選択エリアの右端の▼マークをクリックしてプルダウンメニューを展開し、
そしてアップデートするVGAがどんなPCシステム用の物なのかを選択します。
事務所PCはデスクトップの自作機なので"Desktop Graphics"をチョイス。



20100610_bl-ATId-dll_04
次にstep2でRADEONファミリーの種類を指定します。


20100610_bl-ATId-dll_05
step1同様に▼マークをクリックしてプルダウンメニューを展開。
そしてRADEONのどのファミリーなのかを指定します。
事務所PCはHD3850X2なので"Radeon HD Series"をチョイス。



20100610_bl-ATId-dll_06
次にstep3でドライバーをアップデートするVGAのプロダクトタイプを指定します。


20100610_bl-ATId-dll_07
前回までの2stepと同様に▼マークをクリックしてプルダウンメニューを展開。
そしてRADEONのどのプロダクトなのかを指定します。
事務所PCはHD3850X2なので"Radeon HD 3xxx Series PCIe"をチョイス。



20100610_bl-ATId-dll_08
そしてラストのstep4!アップデートするVGAを搭載しているPCのOSシステムを指定します。


20100610_bl-ATId-dll_09
これまでと同様に▼マークをクリックしてプルダウンメニューを展開。
そしてVGAを搭載しているシステムのOSを指定します。
事務所PCはWindows XP 32bitなので"Windows XP - 32 Bit"をチョイス。



20100610_bl-ATId-dll_10
step5の"Display Results"をクリックするとドライバーのダウンロードページにジャンプします。


20100610_bl-ATId-dll_11
見慣れたページで若干ホッとする(?)。
今まで通りこのページから対象ドライバーソフト一式をダウンロードします。



20100610_bl-ATId-dll_12
ダウンロードに先走る前に、大事な事を・・・前回の記事でも説明しましたが
赤枠で囲んだ"Optional Downloads"の下のテキストをクリックして
Catalyst Control Centerの日本語版をダウンロード出来るページにジャンプします。
※以下、Catalyst Control CenterをCCCと表記します。



20100610_bl-ATId-dll_13
ジャンプするとこのページに辿り着きます。


20100610_bl-ATId-dll_14
"English"と表示されている隣の▼マークをクリックし・・・


20100610_bl-ATId-dll_15
プルダウンを展開し・・・


20100610_bl-ATId-dll_16
"Japanese"を選択します。


20100610_bl-ATId-dll_17
"Japanes(日本語)"を選択し終えたところです。


20100610_bl-ATId-dll_18
次に上の"Display Driver Only"の段の"Download"をクリックし、
ディスプレイドライバーをダウンロードします。



20100610_bl-ATId-dll_19
PC上の差し支えないところに"保存(S)"をクリックして一時的に保存します。
実行(R)をクリックすると後でややこしい事になり兼ねないので"保存(S)"にするように。



20100610_bl-ATId-dll_20
保存先を指定します。
画像では例としてデスクトップに指定しています。



20100610_bl-ATId-dll_21
保存先を指定するとダウンロードが始まります。


20100610_bl-ATId-dll_22
ダウンロードが完了したら"閉じる"をクリックしてダウンロード画面を文字通りに閉じます。


20100610_bl-ATId-dll_23
次にダウンロードページに戻ってCCCの日本語版をダウンロードします。
"Catalyst Control Center for ~"の段の"Download"をクリックします。



20100610_bl-ATId-dll_24
ディスプレイドライバーの時と同様にPC上の差し支えないところに一時的に保存しておきましょう。
てことで、矢印オンリーにして説明文は端折りますW



20100610_bl-ATId-dll_25
ほい


20100610_bl-ATId-dll_26
ほいっ


20100610_bl-ATId-dll_27
ほほいっと


20100610_bl-ATId-dll_09
保存指定先にディスプレイドライバーとCCC日本語版のダウンロードが完了したら、
「AMD/ATiグラフィックドライバーアップデート手順 その1」となるダウンロード編は完了です。



< デュアルやマルチディスプレイを繋いでる方への補足 >
20100610_bl-ATId-dll_28
デュアルやマルチディスプレイを繋いでる方は、その下の"HydraVision for ~"もダウンロードして下さい。





「AMD/ATiグラフィックドライバーアップデート手順 その2」にススム










関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/83-4e702a1a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。