--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XP起動中のPCに卍固め-AHCIをインストしよう! その2

2010年06月27日 20:50

■ひとつ上の世界に羽ばたくとき
6月26日(土曜)、朝。上の様な小見出しでいつものくだらないネタから叩いていると、なんだかIEが急に重くなったな思った瞬間、IEの窓内の表示がまっちろに・・・。ビックリしてIEをもう1枚起動すると別窓でFC2にアクセスし直したが、当然の事ながら打ち込み中の内容は綺麗に消失
泣く泣く打ち込み直しつつ、プレビューを表示させようとしたり記事を保存しようとしたら、再びIEが重くなってFC2の表示が落ちる。しかも2度に渡ってである。当然の事ながら、その2回のホワイトアウトで叩き込んでいた内容は綺麗サッパリと消失していた。
 

-ぷっちん♪-
仏の顔も三度までって言葉を知らんのかああっっ!!!。うらあああああああっっっ!!!!!


そんな訳で本気でムカついた今回は、小見出しという残骸を残したままのネタなし直球勝負で話を進めて行く事にする。血と汗と涙の権化のTEXTが時間差で3度に渡って消し飛ばされたおかげで、午前中が丸っと無駄になったぞ。FC2、時間返せよこのボケ。
 
 
AHCIドライバーをインストールする
6月24日(木曜)の20時過ぎ。震えるその手で、自作機にポッチリポチポチとAHCIドライバを放り込んだ。

1."ラピッド・ストレージ・テクノロジー"を展開する。
20100624_ahci-in_01
デスクトップに保存しておいた"iata96cd"をダブルクリック。

20100624_ahci-in_02_1
「セキュリティの警告」ダイアログが表示されますが、構わず"実行(R)"をクリック。

20100624_ahci-in_03
「セットアップ ステータス」のダイアログが表示されるが、数秒で自動的に閉じます。

20100624_ahci-in_04
暫くすると、「このシステムは、このソフトウェアをインストールする最低用件を~」という
インストールを中断するエラーのダイアログが表示されるハズですが、

このエラー・ダイアログは後の手順が完了するまで絶対に閉じないこと!
ダイアログ上の「×」や"OK"をクリックせずに、必ず表示させっぱなしにしておくこと。



2.展開ブツの中から必要な物を取出し転用する。
エラー・ダイアログに何も触れずに表示させたままにして、横でWindowsのテンポラリーフォルダを開く。のだ!
20100624_ahci-in_05
Windowsのテンポラリーフォルダの中を覘くと、手順1で展開された"IIF2"というフォルダがあるはずです。
尚、覘く場所は C:\WINDOWS\Temp の "Temp" です。

20100624_ahci-in_06
"IIF2"フォルダを開くと、中に"Drivers"というフォルダがあります。

20100624_ahci-in_07
"Drivers"フォルダの上で右クリックし、メニューの中から"コピー(C)"をクリックしてコピーする。

20100624_ahci-in_08
後の手順での手間を考慮し、コピーはデスクトップに置くことにします。
デスクトップ上で右クリックの後、メニューから"貼り付け(P)"をクリックして貼り付ける。


20100624_ahci-in_09
デスクトップに"Drivers"フォルダのコピーが出来上がります。

20100624_ahci-in_10
ここまでの手順を完了したら、前の手順1の最後に出てきたエラー・ダイアログを閉じます。
ダイアログ内の"OK"をクリックしてダイアログを閉じます。

このエラー・ダイアログをすぐに閉じないその訳は、このダイアログを閉じると同時にテンポラリー
・フォルダ内に展開された"IIF2"も自動的に削除されてしまう仕組みになっているから、です。
表示させっぱなしにしておく事でインストールのため展開されたファイルも抹消されず、
AHCIドライバが入っている"Drivers"フォルダが楽にコピー出来るというワケです。



3.AHCIドライバを手動インストールする。
「マイ コンピュータ」を開いたら余白部の上で右クリックし、「システムのプロパティ」を開く。間違っても表示されているフォルダの上で右クリしないこと。余白部で右クリックリ!
20100624_ahci-in_11_1
"マイ コンピュータ"の余白右クリック等で"システムのプロパティ"を開く。
"システムのプロパティ"を開いたら"ハードウェア"のタグをクリックする。


20100624_ahci-in_12
"ハードウェア"のタグを開いたら、"デバイス マネージャー(D)"のボタンをクリックする。

20100624_ahci-in_14_1
デバイスマネージャーを開いたら、"IDE ATA/ATPIコントローラ"のツリーを展開(右画像)する。
展開後、以下に示す2つのATA Controllerのどちらでも構わないので、
右クリックからメニューを表示させたら"ドライバの更新(P)"をクリック。
"Intel(R) ICH10 Family 2 port Serial ATA Controller 2 -"
"Intel(R) ICH10 Family 4 port Serial ATA Controller 1 -"


20100624_ahci-in_15
"ドライバの更新(P)"をクリックすると「ハードウェアの更新ウィザード~」ダイアログが表示される。
"いいえ、今回は接続しません(T)"にチェックを入れたら"次へ(N)"をクリックする。


20100624_ahci-in_16
このダイアログでは"一覧または特定の場所から~"にチェックを入れ、"次へ(N)"をクリック。

20100624_ahci-in_17_1
このダイアログでは"検索しないで、インストールする~"にチェックを入れたら"次へ(N)"をクリック。

20100624_ahci-in_18
このダイアログでは、モデルの一覧内から選択しないで"ディスク使用(H)"をクリックする。

20100624_ahci-in_19
次に表示されたダイアログでは、"参照(B)"をクリックする。

20100624_ahci-in_20_1
表示されたダイアログから、先ほどの"Drivers"フォルダを保存したデスクトップを指定する。

20100624_ahci-in_21_1 20100624_ahci-in_22
デスクトップの一覧の中から"Drivers"フォルダをダブルクリックもしくは"開く(O)"で選択(左画像)する。
"Drivers"フォルダを開いたら、32bit OS用は"x32"を、64bit OS用は"x64"の、どちらかを選択する。
おいらのシステムは32bitなので"x32"を選択(右画像)する。


20100624_ahci-in_23
"x32"を選択して開くと、"iaAHCI.inf"と"iaStor.inf"という2つのドライバが出てくる。
もちろん"iaAHCI.inf"を選択して"開く(O)"をクリックする。


20100624_ahci-in_24_1
このダイアログに戻ったら、"OK"をクリックする。

20100624_ahci-in_26
ダイアログがモデル選択に戻るので、一覧の中から下記ドライバを選択し反転表示させたら"次へ(N)"をクリック。
選択するドライバは⇒ "Intel(R) ICH10R SATA AHCI Controller"


20100624_ahci-in_27
すると「ドライバの更新警告」というダイアログがj表示されるが、
ドライバのインストールを続行させるために"はい(Y)"をクリックする。


ここまでの手順を終えるとPCへのAHCIドライバのインストールそのものの作業は完了する。
しかし休んでいてはいけない。
ここまでの手順を完了すると同時に、再起動を促されるはずである。促されなくてもここで即座に再起動をかけ、AHCIを利用するためのBIOSの設定変更作業を行なう必要がある。


BIOSの設定を変更する。
おいらが所有する自作機のマザボは、以前から申し上げている通りGIGABYTE製のGA-EP45-DQ6 Rev.1.0である。このマザボに搭載されているBIOSソフトは一般的にAward BIOSと呼ばれているもので、BIOSの設定画面はGA-EP45-DQ6に搭載されているAward BIOSの画面表示を元に話を進めていく。

で、1つ前の手順の「ドライバの更新警告」の表示で"はい(Y)"をクリックしてドライバ更新の続行を選択すると同時に、PCが再起動を始める。この再起動の起動アクションに入ったと同時に、"D"キー連打でBIOS設定画面に入って設定変更を行う。BIOS設定画面に入り損ねない様、気をつけること。画像にはGA-EP45-DQ6のマニュアル画像を引用。
20100624_ahci-in_28_1
「Integrated Peripherals」のメニュー設定に入ったら画像赤枠内の項目の設定を行う。
・「SATA RAID/AHCI Mode」⇒"Disabled"もしくは"SATA"を"AHCI"にする。
変更を終えたら"F10"を叩いて変更後のBIOS設定を保存し、PCを再起動する。


20100624_ahci-in_31
POST画面の1ページ目が瞬時に2ページ目のAHCIドライバの読込み画面に切替わる。ハズ。
この画面ではAHCI化したSATAポートに接続されたデバイスが、BIOS上でも認識されたモノを一覧表示する。
実際に接続してあるデバイス名が表示されて、下段に"AHCI BIOS installed"とあれば多分、無問題。



この後、XPのロードが始まって無事に起動すれば全てが完了となる。
20100624_ahci-ed_01
思わず「やったね!」と声が出る事間違いなしの、この瞬間。


 
 
 
 
 
XP起動中のPCに卍固め-AHCIをインストしよう!」
・[ その3 ] へじゃんぷ。 
・[ その1 ] にりばーす

 
 
 
 
 
 
 
 

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/95-5ddb9f5b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。