--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陥没骨折しかけて思いついた

2010年06月30日 22:00

■愛娘と天使が微笑んで手招き
6月29日(火曜)の午前8時過ぎ頃のこと。
シャワーを浴び、出社に備えて身支度を整えた後の毎朝恒例のおしゃがみタイムということで、「今日は蒸し暑いのぉ」等と独り言を言いながらトイレで「ぬぉ~っ」とフンばっていた時。家の電話に着信が入って、ウチの父親お気に入りの「たん、たん、たぬきのO玉は~」が鳴り出した。おいらは自分のケツに向かって「早く出ろ!くぬぅ・・・」と思ったり、家にいるはずの父親に向かって「おやぢい~、早く出ろやーっ!」と叫んだり、出社前のノンビリタイムが俄かに余計な喧騒を帯びてきた事に、かなりイラつきながらも行儀良く便座にお座りしていた。
 

ちなみに家の電話は親機と子機合せて7台もあり、家中のあちこちに設置してある。その全てが「たん、たん、たぬきのO玉は~」と、大合唱し始めたのである。
朝っぱらから"O玉O玉"うるせえんぢゃああっ!!!
この状況の中、たまたまのキレの悪いOコが更においらのイラつきを急加速させ、トイレの中でそう叫んだ。そして続け様に「親父~ぃ!O玉ソングの大合唱が始まったぞーっ!!早く出ろやっっ!!!出てくれえええっ!!!!」と、あらん限りの声を振り絞って叫んだ。
が、親父はどこかに出掛けてしまったのか、何の反応も返ってこない。

-くっそー。
キレの悪い1本をなんとか搾り出すと、スラックスとパンツはズリ下げたままの下半身顕わな状態で、ケツも拭かずにトイレから飛び出した。受話器に手がかかるその瞬間、ビルの屋上からコンクリの道路に落ちるとこんな音がするのではなかろうか?という、今まで耳にした事が無い鈍い音と共に脳ミソが失禁しそうな程の痛みを感じた。
おいらはボンヤリと「しまった、ここは1Fだった・・・」みたいな台詞を口にしたが、意識が飛んで何もわからなくなった。


見た事が無い白っぽい少女と愛娘が、2人揃えた様な仕草でおいらに手を差し伸べていた。なぜかその世界には「たぬきのO玉」がふんわりと流れている。見知らぬ、顔が良く見えない少女と娘の顔を交互に見つめ、娘になぜここにいるのか聞こうとしたら、娘が今度は両手を差し出した。掌に目をやると、そこにはつい最近ガサガサと弄っていたPCケース"VK60001W2Z"のミニチュアモデルの様なものがあった。
「なんでおまえがこんな物を?」と聞こうとしたら、たぬきのO玉ソングのボリュームが突然上がって耳の中にガンガンと響き渡り、それと頭に走る物凄い鈍痛でフッと我に返った。

気がつくと、トイレの前に下半身丸出しのまま仰向けにぶっ倒れていた。「おれどうしたんだっけ?」そんな事を考えていたら、電話が「たぬきのO玉」を歌い続けている事に気がついた。更に暫く考えて、理由は思いつかなかったが、自分はここに気を失って倒れていた事を理解した。首を持ち上げると鞭打ったかの様な痛みが走り、頭頂部には堪え切れないほどの鈍痛が、そして額と左目の目蓋は熱を持ってとても熱くなっており、身体のあちこちから冷や汗が吹き出ていた。



■近所のオババとニアミス初コンタクト
センスの欠片も無い「たぬきのO玉」ソングを止めるべく、フラフラと立ち上がると受話器を取った。
時計に目をやると、倒れていたのは僅かな時間と思っていたが、既に9時をカルク過ぎていた。ふお~・・・遅刻確定。電話は同じ町内の親父と仲の良いジーサンからで、親父に言伝を預かった。電話を切る時、トイレ横の天井下に横に伸びた梁に取り付けてある、ブラインドカーテン(下に引っ張っておろすヤツ)の固定金具が目に入った。トイレのドア側近くの固定金具に、数本の髪の毛と数mmほどの皮膚の様な物がくっつき、ブラインドカーテンには小さな血痕が付着していた。

-あ・・・。
1Fのトイレと洗面所、そして風呂がある区画は築が古く、後に増築して広げた1Fと2Fよりかなり天井が低い。そして更に低い位置にある梁の下にブラインドカーテンが取り付けてあり、増築後、身長180cm弱のおいらが1Fトイレを利用しようとして、度々そのブラインドカーテンに頭をぶつけていた。
つまりトイレから飛び出した時、頭頂部のみでブラインドカーテンを梁に固定している厚さ6mmもあるステンレス製の金具に、マッハの速度でタックルをカマした模様。また憎たらしいことに、親父が後付した安物のブラインドカーテンの固定金具は、角が綺麗に取られていなかったりする。


しかし兎に角今日は重要な会議があるから出社しなければと思い、傷の様子も確認しないまま2Fにバッグを取りに上がろうと階段に向かうと、家の外から親父の笑い声が聞こえてきた。玄関から顔を出して様子を見てみると、親父は家のすぐ目の前で裏の家のおばさんと井戸端会議で談笑していた。
-そこにいたなら「たぬきのO玉」聞こえてたろ!
そう思うと、未だ朦朧とする頭のまま玄関から飛び出し、八つ当たり的に怒鳴って町内のジーサンからの言伝を伝えた。

すると裏のおばさんが「おにーちゃん、やだぁ」と言って両手で顔を隠すのである。
-え?なんぞ??
下を見ると、下半身丸出しすっぽんぽんのまま、家から飛び出していた。いやん。
フラフラと家に飛び込むと、トイレから玄関に向かってスラックスとパンツが点々と落ちていた。2Fに上がろうと移動している時に、気が付かない間に脱ぎ落とした様である。げふ。
スラックスとパンツを拾い上げると、フラフラのまま身支度を調えて会社へと向かった。



■下品+流血チックな長文ネタはオチの無いマエフリ
6月30日(水曜)本日の午前8時過ぎ。
昨日は何とか会議に出席出来たが、社内ですれ違う人間全てが「ぎょっ」とした顔でおいらを振り返った。A美に手鏡を借りて顔を見てみたら、ブラインドカーテンとフレンチキッスをカマした箇所だけ異様にセットが崩れ、その頭頂部と額、そして左目の目蓋はドス黒く腫れてる上にこめかみの辺りには頭頂部からの流血痕が残っていた。-おれチヌんじゃなかろうかっ!?!?
鏡に映して見た傷の具合は相当酷そうで、恐怖感を覚えた。すぐに震える手で自宅近くのかなり規模のでかい病院に連絡を入れると、なんでもいいからおれの頭を検査してくれ!と叫びながら精密検査の予約を入れたのである。

で、今日は休みを貰って予約を入れた病院を尋ねた。おいらの枯れかけな脳が詰まった頭部を、どうか何卒、重箱の隅を突く様に検査してくれ!と、受付で目に涙を浮かべながら懇願し、受付に座っている笑顔のかわいいナースに笑われた。しかしサクサクと検査は終わり、CTとレントゲン、問診を受けたその結果、「首に軽い捻挫と頭頂部の打撲に、打撲による4cmほどの裂傷のみ!全治1週間もかからんでしょう!」とDr.は勢い良く言い、続けて「がっはっはっ!」とこれまた豪快に笑った。


病院で解熱剤を打って貰い、痛み止めなのか腫れを引かせるための錠剤3種類を薬局で調剤して貰って帰宅すると、まだ午前10時を少し過ぎたところだった。
自分の部屋に戻って心の底からホッとすると、会社に電話を入れて専務に検査結果を伝えた。専務からは左目の目蓋の腫れの様子を聞かれ、腫れが引いたら出社しろという指示を貰ったが、電話の最中に鏡に映して様子を見ると病院で貰った薬が効き始めたのか既にほぼ元通りに治りつつあった。仕方なしに「明日から出社出来ます」と言って電話を切った。あ-あ、残念無念!。

残念無念でなぜか思い出さなくてもいい事を思い出した。
昨日、ケツ拭き忘れてたっ!!!



■めげない 懲りない 痛くな~い じゃなくて玉砕への序章
とても悲しくも切ない、不慮の事故ではあったものの、検査はサクサク終わって傷も大した事が無いことが判明し、おまけに今日は休みを貰っちゃっている上に時刻はまだ11時を過ぎたばかり。PCのデスクトップに置いたままの"IIF2"フォルダを眺めていたら、自由時間はたっぷりある、有効に使わねば!と再び思い立ってしまってXP起動中のAHCI化にリトライ。なんせウンもついてるコトだし!。
20100630_AHCI-Ret_01
前回の"XP起動中にAHCI化"トライ時に用意したソフトたち。

前回のAHCI化がコケた理由について、セキュリティ・ソフトを切っていなかった上に、やっぱり"INFアップデート・ユーティリティー (インテル・チップセット・ソフトウェア・インストール・ユーティリティー)"をインストールしておく必要があったのではないか?と考えていたのである。
今回は以下の手順でリトライする事にした。
セキュリティーの"avast!"をまずは停止する。

"INFアップデート・ユーティリティー"をインストール。

前回の手順でAHCIドライバを放り込む。

前回同様にBIOS設定を変更し再起動。

見事、AHCI化に成功(となる見込み)。


そこでインテルとマザボ・ベンダーのGIGABYTEのサイトで確認し、それぞれから"INFアップデート・ユーティリティー"をダウンロードして用意した。
20100630_AHCI-Ret_02
なぜか"INFアップデート・ユーティリティー"が2個デスクトップに・・・。

20100630_AHCI-Ret_03 20100630_AHCI-Ret_04
なぜ2個落としたかと言うと、ヴァージョンが違ったりする。
左:インテルから落としたヴァージョンは 9.1.1.1025
右:GIGABYTEから落とした物は1つ古いヴァージョンで 9.1.1.1020


どっちをインストールすべきか・・・悩みながらネットの世界をウロウロしていて、良いモノを見つけた。
(*→)インテルの"チップセット識別ユーティリティー"というツールである。何をする物かというと、こいつをダウンロードしたPCに搭載されているマザボのチップセット種類を識別し、識別されたチップセットに対応したドライバソフト等のアップデーターの有無を確認して教えてくれるという、Intelならではの便利ツールである。
また、この"チップセット識別ユーティリティー"はダウンロードしたら実行するだけという、レジストリも汚さないホントに良いツールなのである!。(←*)

(*→)(←*)に挟まれている文章は7月1日に追記したものです。
ゴッソリと叩き込むのを忘れてました。さーせん。



1.インテル"チップセット識別ユーティリティー"でアップデートの有無を確認する。
"チップセット識別ユーティリティー"のダウンロードは ⇒ コチラから
20100630_AHCI-Ret_05
20100630_AHCI-Ret_06
まずはインテルのダウンロード・ページから"チップセット識別ユーティリティー"をダウンロードする。
上:アクセスするとIntelのダウンロード・センターのダウンロードページが開く。
下:対応チップセットのドライバー類のアップデーターの有無確認とダウンロードが可能らしい。


20100630_AHCI-Ret_07
早速、ダウンロードする。赤矢印で指したリンクテキストをクリックしてダウンロードページへ移動。

20100630_AHCI-Ret_08
すると、いつものIntelダウンロードページの検索設定画面に飛ぶので赤枠内を以下の様に指定。
「オペレーティング・システム」⇒お使いのOSを指定。おいらはXP Proなのでそれを指定。
「ダウンロード・タイプ」⇒"ユーティリティ、ツール、サンプル"を指定する。


20100630_AHCI-Ret_09
画面左下辺り、赤枠内の箇所に"チップセット識別ユーティリティー"最新版があるはずなのでダウンロードする。
ダウンロードの手順については前回のAHCI化記事を参照されたし。てことで今回割愛。


20100630_AHCI-Ret_10
ダウンロードを完了すると、デスクトップ上に"ChipUtil325"というexeファイルのアイコンが出来上がる。
ちなみに数字の"325"はヴァージョンを表しており、新ヴァージョンがリリースされると数字も変わる。
このアイコンをダブルクリックして"チップセット識別ユーティリティー"を起動する。


20100630_AHCI-Ret_11
その"ChipUtil"をダブルクリックして起動する。最初のダイアログが開いたら"実行(R)"をクリック。

20100630_AHCI-Ret_12
するとデスクトップ上に5~6個のファイルが展開されると同時に「Chipsets」という窓が開く。
赤矢印で指したチップセット名に自身のマザボに搭載されているチップセットが含まれていることを確認する。
確認出来て含まれていたらリンクテキストをクリックする。


20100630_AHCI-Ret_13
20100630_AHCI-Ret_14
上:次に開く窓。先ほど同様に「Chipsets」と表示されている。
下:窓の下の方を見ると"Driver Downloads"という項目がある。
チップセット単位のリリース済みアップデーターある場合、"Download"と表示される。
赤枠内のP45の「Intel Chipset Software Installation Utility」に"Download"とあるので
リンクテキストの"Download"をクリックしてダウンロードの検索条件指定ページに移動する。


20100630_AHCI-Ret_15
再びIntelのダウンロードページ・検索条件指定画面へと移動してきた。赤枠内を以下のように指定。
「オペレーティング・システム」⇒ご自身のOS。おいらはXP Proを指定。
「ダウンロード・タイプ」⇒"ユーティリティ、ツール、サンプル"を指定。


20100630_AHCI-Ret_16
"INFアップデート・ユーティリティー"最新版のヴァージョンは既にダウンロードしていた物と同じだった。
なので、今回はここからのダウンロードは行わなかった。が、"チップセット識別ユーティリティー"のおかげで
Intelサイトから落とした"INFアップデート・ユーティリティー"が使える事は判明したので、これを使う事に。



2."INFアップデート・ユーティリティー"をインストールする。
ダウンロード手順については、Intelのダウンロード・センターから簡単にダウンロードが可能なことと、前項で"チップセット識別ユーティリティー"からのダウンロード手順も記載済みにつき割愛します。
それではいってみよう!
20100630_AHCI-Ret_17
まずはダウンロード済みの"INFアップデート・ユーティリティー"のインストーラーをダブルクリックで起動。
インストーラーは"infinst911autoi.exe"である。数字の部分はヴァージョン番号になる。


20100630_AHCI-Ret_18
「Intel(R) Package Manager」ダイアログが立ち上がり、インストールファイルの展開が始まる。

20100630_AHCI-Ret_19
次のダイアログ「セットアップ プログラムへようこそ」が表示されたら"次へ (N)"をクリック。

20100630_AHCI-Ret_20
次に「仕様許諾契約書」のダイアログが開くので、"はい (Y)"をクリックする。

20100630_AHCI-Ret_21
次に「Readme ファイル情報」というダイアログが開く。
インストールするマザボ搭載チップセットが本当に対応しているかどうか、ここで必ず確認すること。
確認が出来たら"次へ (N)"をクリックしインストールを進める。


20100630_AHCI-Ret_22
インストールは瞬間的に終わる。
インストール完了と同時に「セットアップ完了」ダイアログが表示される。
このダイアログが表示されたら"完了 (F)"をクリックしてインストール処理を終わらせる。



3.以上でAHCI化に必要と思われる"INFアップデート・ユーティリティー"のインストールは完了。
次はAHCI化そのもののリトライである。ドッキドキっす。



■玉砕への本章-ネタに恵まれすぎだよね
前回トライ時の手順同様にAHCIドライバを当て、BIOS設定も間違いなく変更しPCを再起動した。前回と同様にAHCIドライバの読込み時に、今回もキッチリと全ての接続デバイスが認識された!ここからである。ここからが問題だ!。
:
:
:
:
:
20100630_AHCI-Ret_23
数秒後、「いつもお世話になっております」と言いつつPCにXPのインストールディスクを読込ませ、"回復コンソール"からのシステム復旧を図っているおれがいた。
なんでなの・・・。

20100630_AHCI-Ret_24
ちゃんと復旧出来ているからなんとか耐えているが、これにてXPクリーンインストールでしかAHCI化出来ない事が、ほぼ確定。
ケツを拭き忘れて"ウンもついた"んじゃなくて、逆にウンが切れたという事?なのね・・・。
ヾ(*`Д´*)ノキィ~っ!!


頭頂部の怪我といいAHCI化といい、おいちゃんはもう疲れちゃったので、昼飯を掻き込むとそのまま夕飯時までエアコンをガンガンに効かせた部屋でフテ寝した。で、鼻風邪引いた。ぐっすん、しくしく・・・。



■甘えにいっても玉砕
夕飯を終えたつい先ほどの20時前くらい。頭頂部の怪我とAHCI化ぶっコケで凹み気味のおいらは、甘えさせてもらうつもりで愛娘の携帯を鳴らした。携帯に出た娘は、「おとーさんの方からかけて来るなんて珍しいやん」と言いつつも嬉しそうだった。
おいらは昨日の頭頂部に負った怪我のこ事を伝え、その中で「気を失って倒れていた時の朦朧とした意識の中に、おまえが出てきてくれたよ」と話をし、加えて「後で思ったけど、それだけおまえが常日頃からお父さんの事を心配して思ってくれてるから出てきてくれたんだと思って、お父さんちょっと嬉しかったよ」と伝えた。

それを聞いた娘は「う~ん。なんかちょっと違うかも?多分、おとーさんの方がわたしの事を考えている力が強かったから、自分で自分の意識の中にわたしを作り出した、とかと違うかなぁ?」
-・・・・・・Σ(´Д`*))))
携帯からおいらの失望感が伝わったのか、娘はちょっと慌てた様子で「あ、でも、ほら、わたし、おとーさんのコトほんとめっちゃ好きやし。それに、わたしとおとーさんって仲良いよね!えへ」と言った。


おまえの方がお父さんの事をいつも思っていると言ってくれえええっ!!

心の中でそう叫ぶと、何も話せなくなってしまったおいらはいきなり携帯の電源を落とした。娘が慌てて付け加えて言ってくれたその言葉より、すぐにそう反応した優しさが逆に胸を締め付ける。おいらは早々に布団を引きずり出して敷くと、「もういいよ」と呟いて布団の中に丸まった。
布団に丸まりながらあの時の朦朧とした意識の中に現れた娘のコトを考えていた。すると突然、頭の中に何かが閃いた。娘が両手を差し出したその掌の中にミニチュアの様なVK60001W2Zがあった・・・その朦朧とした意識の中でおいらは何気にそのフロントドアを開けていたのだが、フロントパネルの中にZALMANのロゴが入った四角いプレートが見えた様な気がした。

-ぉ!?。
頭の中の閃きは、具体的なカタチとなって脳裏に描かれた!。


おいらは携帯の電源を入れ直すと、再び娘の携帯を鳴らした。娘が出るなり「おまえのおかげで良い事を思いつけたよ!ありがとう!」と一方的に話すと、携帯を切ってPCを立ち上げた。そしてネットで探し物を見つけるとポッチリして、「よっしゃー!」と声を荒げた。
ホントはAHCI化再びぶっコケのところまでで投稿するつもりだった当記事は、その後の事象と思い付きによって更に長文化してしまった。
ちなみにおいらは、自分自身で思いついた事が相当嬉しかったのか、現在かなりニヤつきながら当記事を叩きこんでいたりする。ふっふっふっ。

果たして、思いついた「良い事」とは一体何なのか?
記事として起こせるかどうかは今のところ分からないが、自室にあるVK60001W2Zは丸ごと福岡に送って現地で何かの作業を行う事にした。
故に、来月中に記事としてアップ出来れば良い方かな?
まあ、忘れた頃にコッソリとアップなんて事にもなるかも知れないので、あまり期待せずに続きを待ってておくれやす。
というか、娘の隣で手招きしてくれていた見知らぬ少女は何者だったのだろう?と考えてみた。が、その少女の手招きの方に反応していたらどうなっていたんだろう?と考えたら、かなりオカルトチックに怖くなってきたので、その少女の事について考えるのはヤメにした。
(;゚ロ゚)ヒイイイィィィィ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事


コメント

  1. べる@SiDOOH | URL | -

    Re: タイトルなし

    > ベルさんお久しぶりです!覚えていますか?ニャントリーです。
    オォォ!!─w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w─オォォ!!
    ニャントリーさん、お久しぶり!忘れるわけないじゃないすか~^^。
    つい最近、ニャントリーさんのブログを訪問したような記憶があるようなないような・・・。
    頭頂部裂傷で記憶がトンでます。。。


    > 久しぶりにベルさんの日記みたらめっちゃ更新されていたのでさっそく全部見てきました!
    > いや~相変わらずと言ったら失礼ですが、ホントに笑ってしまいました。ベルさん文章の書き方がプロですね(笑)
    クソブログを読破頂いて感謝感謝ですw
    プロなわけないっすw てか、ホント、笑って頂けるのが何よりです。
    人間やっぱり笑っている時の方がシアワセだったりしますしね(何様だw


    > 陥没骨折しかけた件・・・無事でよかったです。
    > 気絶するほどだったとは、そうとうひどくやってしまいましたね。
    > 自分も人並みに身長あるので気をつけなければ・・・
    記事には書かなかったけれど、Dr.に診てもらった時に↓のようなコトを言われた。
    1.きっと衝撃を受けたまさにその瞬間、本能的に頭を下げたのが幸いしたんだろうね。
    2.頭を下げていなかったら、陥没骨折で今頃重症患者で入院してた思うよ。

    人間の本能って凄いなと思うと同時に、陥没骨折しなくて良かったと心の底からホッとしたっす^^;

  2. ニャントリー | URL | -

    ベルさんお久しぶりです!覚えていますか?ニャントリーです。

    久しぶりにベルさんの日記みたらめっちゃ更新されていたのでさっそく全部見てきました!
    いや~相変わらずと言ったら失礼ですが、ホントに笑ってしまいました。ベルさん文章の書き方がプロですね(笑)

    陥没骨折しかけた件・・・無事でよかったです。
    気絶するほどだったとは、そうとうひどくやってしまいましたね。
    自分も人並みに身長あるので気をつけなければ・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2byte.blog121.fc2.com/tb.php/98-6305238d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。